やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
還暦からのネイチャーフォト
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
不思量と非思量
at 2019-03-11 16:27
選別する心
at 2019-03-09 23:26
禅と茶の湯②
at 2019-02-24 06:45
禅と茶の湯①
at 2019-02-23 16:37
梅花開花
at 2019-02-13 13:21
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

不思量と非思量

不思量と非思量は、言葉で説明されても納得が難しい。

大谷哲夫氏 (前駒澤大学総長)の『正法眼蔵 永平広録 用語集』の説明を並べてみよう。(『大法輪』第79巻から)

不思量=一切の思量分別を停止すること。考えることの徹底した否定。無我の絶対的な思いはかり。

非思量=「考える」という意識活動をしない状態ではなく、考えながらその考えに伴うとらわれを脱した脱落の思量、非の思量のこと。道元は、坐禅は佛行であるから思量は思量を超えて、そこにこそ有念無念の思いを超絶する非言語の世界に坐禅の極致が現成するのだ、と坐禅のあり方を明らかにしている。

改めて普勧坐禅儀の坐禅の要術のところを検討すると、
「箇の不思量底を思量せよ。不思量底如何が思量せん。非思量。此れ乃ち坐禅の要術なり。」だから、
坐禅は、
1、<不思量底を思量せよ>⇒「考えることを止める」ことに努めよ。まずは、何も考えるな。
2、<不思量底如何が思量せん>⇒何も考えないとは、どんなふうな考え、思いの状態なのか?
3、<非思量>⇒湧き出る考え、有念無念の思いを追いかけない。それに捉われない。それを脱した非言語の状態である。身心脱落した状態である。

と、言葉にすると又嘘っぽい。佛の前に、身も心も投げ出して、すべて佛にお任せし、湧き出る思いに執着せず……。すべてお任せした時に、その状態がそのまま佛である、と道元禅師は仰っているようです。

しかし、凡愚の自分は、何も考えないどころか、時には集中して一つの考えに没頭していることもある。
考えが迷走している時もある。

澤木興道禅師は、「追いかけるな、追いかけるな」と仰っている。この非言語状態にすぐなれれば苦労はないわけで、毎日の感情に翻弄されているのが人間だ。
しかし、これは「慣れる」ことで、近づけるような気がする。つまり、非思量とは、Non thinking とは、自我を捨てた状態だから、坐禅を続けるうちにこれに慣れ、非思量状態を頂けるようになるのではないか。
そして、これを続けることができれば、周囲の何にも左右されない素直な一つ抜け出たような精神状態を頂けるような気がする。

「坐禅は何にもならない」とよく言われる。何かを狙ってしたら、これは上に書いたような真の坐禅にはならない。何も考えず、自我を捨て、佛の前に本来の真の自分を投げ出した時、不思議と澄み切った自分を頂くことができ、いつのまにかこだわっていたことが消えていたり、鋭い勘が働いたりして。だから、何も考えずまず坐ることが肝要。

花盛り
c0356158_15485593.jpg



# by Kinotomii | 2019-03-11 16:27 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

選別する心

スーパーに行くたびに自分の欲深さを自覚せずにはいられないこの頃。
1個98円のリンゴが盛ってある。3本150円のきゅうり。いちごのパックが並べてある。ジャガイモ、玉ねぎ、1個33円……。その他諸々、これらを選ぶのに、自分の目が、より大きい物、疵のないもの、沢山入っているもの、ほんの少しでも多い物を選んでいるのを自覚する。
これは悲しい主婦の習慣的知恵である。
自分がこうでありながら、より大きいきゅうりを探して山を崩したり、底の方からえり分けたりする人を見ると、目が厳しく緊張してその人を非難していることに気づく。
気づいて、更に自分が嫌になる。

釈尊は、物と物、人と人を比べたり、好悪の感情のままに「あれは良い、これは悪い」と評価してはならない、と教えている。
小さいより大きい方が得だ、とか、疵のないきれいなものをえり分けるところに、差別の心が成長する。
お坊様方や雲水さん方と接していると、食事の時、「うまい、まずい」
「美味しかった」「辛かった」などの評価を一切しないことに気づく。
それは、「与えられたものをありがたく頂戴するのみ」ということが、仏法にかなっているから。

ところが、私たち娑婆の人間は、特に女性は、食事時に黙っている人はあまりいないのではなかろうか。「これが美味しい」「あれが珍しい」「甘い」だの「辛い」だのと批評と評価のオンパレード。

きゅうりやジャガイモをえり分ける時、最近心に憂いが湧くようになった。選別している自分を意識せねばならないから。そして、客観的に自分の姿を想像すると、何とはしたないことか。はしたない自分が見えていながら、バナナでも疵のない大きい物を選ぶことが習慣化してしまっていることに、とても複雑な気分になる。自分は欲は少ない方だと自覚してきた。
熱気のあるバーゲン会場はあまり好きではないし、ポイントなども積極的に貯めるほうではない。
しかし、物を選別する自分の欲深さはどうだろう。ほとんど無意識により良いものを探す自分に気づく。

1年以上前、アメリカの台所で夕ご飯の支度をしていた時のこと。
献立はサーモンのソテーだった。そのサーモンの分厚いことといったら、日本で売られている鮭の切り身の3倍以上はあったのではないか。
こちらの人々は、毎日、これくらいのものを食べていらっしゃるのだろう。
何しろ体の大きさが違うから。
私はそれをソテーしていらっしゃる人を見た時に、眉がくもり、つい、
ため息を漏らした。そんなには食べられない、と言った。
焼きあがって、その料理人が一つを半分に切り分けて、私にどちらがいいかと聞かれた。
サーモンは大小に二分されていた。
その時の自分の行動に、今でもショックが覚めない。
私は、つい、条件反射的に大きいほうを選んでいたのである。
何という恥知らず!
空腹だったわけではない。むしろ食べたくなかった。しかし、大小のものを示された時に、大きい方を選ぶのが自分の条件反射的習慣であったことに気づく。長年の主婦生活で培った習慣がこんな場面にも出るほど、主婦病は重症だと気づいた。
しかしまた、有能な主婦は家族のためにより良いもの、経済的に得なものを選別するのが当たり前という評価も、自然だ。どちらに比重をかけるか、悩ましいところだ。

しかしこれを機に、最近、自分の欲深さを意識しながら買い物しなければならない、とも考える。
そして、時に疵のあるリンゴ、小さいきゅうりでも、誰かが買わねばならないなら自分が買ってそれでかまわない、と考えられるようになった。
どうせ大した違いではないし、ドイツの小さい市場で、人々が並べられたズッキーニを端っこのほうから順番に取って行き、箱の中は乱れていなかった場面を思い出すのである。



# by Kinotomii | 2019-03-09 23:26 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

禅と茶の湯②

最近月釜を掛けられたお茶人のお席の一端をアップすると。
因みにテーマは、ひなの節句。
待合には、男雛女雛の絵の掛物。広間のようなお茶室には、御殿雛の大きいのが飾られて、床の掛け軸も書は忘却したが、現東大寺戒壇院の御住職の書、お花は桃とさんしゅゆと何か、と言う風に、取り揃えられておりました。それよりも食べ物に興味が強いのは仕方ない、と言ってしまっては申し訳ないが……。

まず、お点心(軽い食事)見た目も美しい。右上から、温めたお豆腐に柚子味噌かけ。おこわに菜の花添え。サツマイモのきんとん。お手製のフキのつくだ煮。干し柿に左上が茸やエビ、フキノトウ(?)の天ぷら。卵やき。いちご。
c0356158_15510257.jpg
圧巻のはまぐりの豆乳汁。伊勢産の大きいハマグリです。白いのは、豆乳で、ハマグリのうま味と良く合って。柔らかい大根の美味しかったこと。
c0356158_15511567.jpg
奥様お手製の主菓子。桃の花びらが散らしてある餅菓子です。菓子器も梅の模様。
c0356158_15512621.jpg
そしてお干菓子。すべて奥様のお手製です。
c0356158_15513952.jpg
器の真中に「一」という漢字が見えますが、これは、周囲の二重線で2000を表し、真中の「いち」で、2001年の記念の品という意味だそう。
何にでも意味を付けるお茶人の一端を垣間見る思い。

これらをお料理されたのは、お茶人の奥様。
たたずまいも、笑顔も美しい方です。(許可を得てアップしています)
c0356158_15520074.jpg
古民家を改装されて、本間取りの広いお茶室で、気持ちの良いお茶会でした。
 お茶会は、お正客のお力も大きい。道具のことはもちろん、参加者の背景などすべてを心得た方でないと、場が乱れ、参席された方々に苦い思いを抱かせることにもなります。

さすが禅の流れを感じたのは、食事の後、食器類の料理の痕を懐紙できれいにふき取り、エビのしっぽまで食べきり、残り物は、用意した袋に持ち帰り、御席主に嫌な思いをさせない心遣いを見た時。禅寺では当たり前にしていることでも、お茶会ではいい加減な時も多かった。
一つ一つが、おもてなしの心と気遣いの心の交換の場、これがお茶会のだいご味でしょうか。
二十代で作った古い着物を着て、40年ぶりの朱いコートを着て、心弾む一期一会を堪能させていただいた、北風吹く奈良町の心温かい午後でした。





# by Kinotomii | 2019-02-24 06:45 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

禅と茶の湯①

初めてお茶に触れたのは、20歳の時。
花嫁修業の一環として、参禅していた三松禅寺の御住職にご紹介いただいた。

三松禅寺は、1679年、大和郡山城主・本多正勝公一族の士族寺として建立され、後世、松平・柳沢公など武家の菩提寺としての由緒を誇り、大和盆地唯一の行学一致の学問場として有能な人材を打出してきました。(三松禅寺パンフレットより)

三松禅寺は、大本山永平寺・総持寺認可の曹洞宗の参禅道場です。
一昔前は、奈良女子大の数学の教授であられた岡潔先生や、名物市長であられた故鍵田忠三郎氏なども集まり、さながら奈良の文化人のサロンのようであったらしい。鍵田氏は、奈良市職員として働いていた当時の上司です。氏の道場に豚汁をいただきに参上したこともある。

私が参禅していた50年くらい前の御住職は、皆川英真師。今考えると、厳しく正確に坐禅を御指導下さった。そして、この時入った禅の考え方は私の一生を左右した。19歳20歳の頃影響を受けた思想は、人間の考え方の根幹を成すと考えざるを得ない。だから、若い頃禅とご縁を戴いたことは本当にありがたいことだった。

ところで、お茶の先生は三松禅寺の専属のようなお方であったから、お弟子さん方にはそれ相当の方々がいらっしゃった。そして、厳しかった。三年間通っても初級止まりだった。やがて結婚と同時にお茶どころではなくなり、お茶は止めていた。四十代後半と五十代後半に再、再挑戦をしたが、いずれも膝の故障やら、先生の健康上の御都合やらで、ストップしていた。

最近、真ML茶の湯Communityというネット上の茶人の集まりに入れていただいた。素晴らしい組織である。流派の違いを超え、日本中の色々なお茶会の情報がサイト内に書き込まれる。お茶会の感想や、お道具、茶花、畳から何から、深い、深い、気が遠くなりそうに深い。

嬉しいのは、カレンダーにお茶会の日付が書き込まれ、会員であればどなたでも参加できる。会員でなくても、会員と一緒であれば参席しても良い、と規約にある。会員価格は基本的に一回千円。
本名ではなく、全員がハンドルネームを持っており、初めてお目にかかってもハンドルネームを名乗れば、途端にお互い、ニッコリとなる。ハンドルネーム一つで、その人のお茶歴、メールアドレスなど誰にでもわかるようになっている。

お茶の世界は、ややこしいきまりやあうんの呼吸のようなことがあるから、全くの初心者では場の空気を乱すこともあり、それに本人は気づかないといったことが起こる。ところが、お茶人は懐が大きいから、どのような珍事もうまく処理される。これを実感できるのも、お茶の世界に惹かれる理由の一つ。

久しぶりにお茶会を再開されたお茶人のお茶会に参席したのは、2~3日前の寒い日和のことでした。




# by Kinotomii | 2019-02-23 16:37 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

梅花開花

梅は最も好きな花なので、春になると梅の便りに敏感になります。
叔父叔母の住む甲子園に行ったのは、立春の2月4日。奈良ではまだチラホラの頃。
甲子園界隈の神社の紅梅。
c0356158_12425687.jpg
c0356158_12431036.jpg
残念ながら、紅梅には香りがあまりない。

こちらは、さる九州のお寺の古木の白梅。みごとです。2月8日頃。さぞやあたり一帯にふくいくたる香りが満ちていることでしょう。
c0356158_12490455.jpg


一方、この紅梅も、2月8日。
東大寺二月堂の上の方に位置するお不動さんの横の紅梅。
お茶会のついでに立ち寄りました。毎年、一回はここにお参りするようにしている。ここのお不動様は、不動堂の中にりりしく鎮座ましまして、とてもいい。
c0356158_12432660.jpg
この坂道を下ると、二月堂です。知る人ぞ知る、強いパワーを発しておられるというここのお不動さん。お互い知らなくても、ここで出会うと、笑みでもってご挨拶。ご縁ですね、と。噂に聞くと、あの人、この人、お不動参りをして病気が治ったとか、争いごとがきれいに解決したとか。
c0356158_12433801.jpg
はるかに見えるのは、奈良盆地です。
手前に少しだけ見えている屋根が、二月堂の屋根。もうすぐ(3月1日から)
お水取りが始まります。ここの炎の行は、すごいものです。皆さん、燃えカスを拾うのに、死に物狂い。最近は、バスを仕立てて九州からのお客もある。あんまり見物人が多いので、この頃は行きません。40年前は、のどかな宗教行事だった。道々のお家の方々は、玄関先にお茶や軽食を準備してお参りの方々にふるまっておられた。この頃はそれどころじゃない。

これは、裏庭に立つ我が家の白梅。今年は花がとても少ない。実がなるかどうか。
c0356158_12441636.jpg

春を待つハクモクレンは、日ごとに膨らみを増している。携帯カメラなので、ちゃんと撮れないのが残念だ。
c0356158_12481491.jpg



# by Kinotomii | 2019-02-13 13:21 | 雑記 | Trackback | Comments(0)