人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
大草原の小さな家 再放送
at 2019-06-16 16:31
ある人の手紙から
at 2019-06-11 23:07
300人のお茶会 塩尻市 無量寺
at 2019-06-03 23:26
『禅に生きる 復刻版』澤木興道
at 2019-05-21 17:35
京都市交響楽団 第634回定..
at 2019-05-18 21:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

夫婦だけのお宮参りを見て思うこと②

若夫婦二人だけでお宮参りをされていた、あの東京の神社でのことを書いてから、ふと、ネットで検索をかけてみると、
悲しいかな……、若いご夫婦の方々のご意見というのはこんなものなのか、と、淋しいとも情けないともやりきれない気持ちになった。
まるで祖父母は圏外のお客さん扱いである。

あのご夫婦を見ていて我々夫婦の感想は、
「若いのに、こうしてお宮参りに来てご祈祷をしてもらっていることが、エライね、あのご夫婦」
というものだった。
多分、と私は思うのだが、双方の御両親は、初孫の宮参りに同道されたかったことだろうと。
息子の子であろうが、娘の子であろうが、孫が生まれたらお祝いを上げたいし、見に行きたいし、写真も見たいし、声も聞きたいし、おむつも替えてやりたい。
これが標準的な祖父母の感情というものだろう。
しかし、東京に住んでいると、実家が遠い人々も多い。
妻の実家に帰省して出産することができない方もあろう。
妻が仕事を持っていれば長期間の休みはできなくて、夫婦で頑張らざるを得ないこともあろう。
自分のことを思い返すと、2回の出産はどちらも実家に帰省はしなかった。
2週間くらい実家の母親に来てもらい、できるだけのことは自分でした。
多くの地方出身の女性たちは、このような形が多かったのではなかろうか。

親が仕事を持っていて忙しければ、こまごまとした親のサポートを受けられず、または、親に関わって欲しくなくて、という場合もあるのだろう。

私は、ネットの発言の多くを読んで、いつの間に若い人々が、
「自分たちの生活だけが大事」
といったような、祖父母をお客さん扱いする感情が蔓延しだしたのだろう、といぶかしんだ。
子供は、雑貨屋のガチャポンで釣ってきた偶然の産物ではない、ということを言いたい。
両親を選び、生まれる日にちを選び、存在するべくして存在しているのだ。

by Kinotomii | 2015-10-14 16:08 | 親子関係 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/24809662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。