やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
還暦からのネイチャーフォト
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
女優 サヘル・ローズ
at 2019-01-18 23:31
白い毒
at 2019-01-03 17:56
ピアスと托鉢僧
at 2018-12-16 22:56
坐禅の神秘 森山大行 2010年
at 2018-12-04 07:34
祈りの竪琴
at 2018-12-02 22:37
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

親の心は神の心

先日、家のポストに小さなチラシが入っていた。
さる宗教団体のチラシだった。
「親の心は神の心」とタイトルにあって、以下のように本文が続く。

「 この世で親の 心ほど信じられるものはありません。
親は毎日子供のことを心配しています。(略)
親は子供に百ほど言いたいことがあっても、一つくらいしか言いにくいものです。だから子供は親の心を察して気づくことが大切です。
 親の子供に対する愛情表現は、小言をぶつぶつと言うことです。子供は面白くないことかもしれませんが、その小言を一生懸命聞いてくれる子供ほどかわいい子はありません。
(略)
親の一番うれしいことは、自分の間違いに自分で気づくことです。そして、家族仲良くして、ぜいたくや勝手をしないように、そして人のため、世のために、毎日一生懸命に頑張ることです。
親は、ガンバレ! ガンバレ! と毎日叫んでいます。
(略)
そんな親を困らせたり、泣かせて、幸せになることは絶対にありません。」

全く、全く、チラシの言うとおりではないか!
「百ほど言いたいことがあっても、一つくらいしか言いにくい」とか、
「親の愛情表現は、小言をブツブツと言うことです」とか、
まったく、親は切ないものだよな~。
我々の親もそうだった、ということが今わかります。

いや、今の子供たちより我々のころの方が、もっときつかったかもしれない。
封建的教育を受けてきた(と思い込んで)親世代は、近代的教育を受けている我々から見たら、価値のないもののように思って見下して。
また、親たちの教育のなさに対して、団塊世代の我々は、少なくとも高校大学まで行っているから自分たちの方が賢いと思い込んで。
親たちもまた、大学まで行かせたことを一種の誇りとするとともに、自分たちの教育のなさを自覚させられて自信を失い、黙るしかなかったあの頃。

しかし、今わかるのですが、人間の賢さは、学歴や近代的教育で決まるものではない。
また、今の教育の方が昔の教育に優るものでもない。
親孝行は、親のためではなく結局自分のためになるものです。
なぜかわからないが、
「親を困らせたり、泣かせて、幸せになることは絶対にありません。」
一つの例外なくこうなのです。





by Kinotomii | 2015-10-16 21:47 | 親子関係 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/24819152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。