やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
還暦からのネイチャーフォト
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
女優 サヘル・ローズ
at 2019-01-18 23:31
白い毒
at 2019-01-03 17:56
ピアスと托鉢僧
at 2018-12-16 22:56
坐禅の神秘 森山大行 2010年
at 2018-12-04 07:34
祈りの竪琴
at 2018-12-02 22:37
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

意外な犯人

この頃ご飯がおいしくて困ってしまう。
できれば炭水化物を少なくしてすっきり体になりたいのだが、炊飯器を変えてから昔の甘いごはんの味がよみがえった。
舌に乗せると甘くて一粒一粒がしっかりしている。
IH炊飯器をやめて、昔の電気炊飯器に買い替えてから。
1升炊きで、13000円くらいだった。(買い手が少ないので大分値下がりしていた)

おいしいご飯を食べたい一心から、10万円の炊飯器も見て回った。
電化製品の専門店に行けば、かまど炊きとか、分厚い鉄釜、高圧で炊く5万円以上もするようなのも、よりどりみどり。
10万円でも、それがもし本当においしければ、厭わない。
それくらい、ご飯のおいしさにはこだわる。
でももし、3万円のとさして変わらなければ?
買ってしまったが最後、毎日そのご飯をたべなければならないのだ。
そう思うと、なかなか買う勇気が出なかった。
3年前に買った5合炊きのIH炊飯器も、ご飯を炊く、という機能面では不良品ではないのだ。
しかし、炊きたてなのに、昔の炊きたてのご飯とは違う、と3年間不満を持ちながら食べて来た。

色々探していて、そして思い出したのが、白くて丸い、ナショナル(今パナソニック)の電気釜。
当時(40年くらい前)1万円もしなかった。
我が家はこれを長く使っていた。
この電気釜は、軽い蓋が、沸騰と共にカタカタ鳴って持ち上がって、白い煮汁が蓋の回りに吹き跳んだ。
ドイツに同じものがあって、1994年に夫がチャイニーズレストランでこれを買い、ドイツでご飯を炊いて食していた。
昨年ドイツに行った時も、20年間も!保管してくださっていたバルツ氏が、滞在している民宿まで持ってきてくださり、これでご飯を炊いていた。
あれで炊いたご飯のほうが、数万円もするIH炊飯器で炊いたのよりおいしかった
有名電化製品店には、なかなかこのような昔の遺物のような代物はない。
ところが、ホームセンターにはあった。
名残の炊飯器が半額くらいになって忘れたように置いてあった。
例の白い電気釜ではないが、世の中がIHになる前に流行っていた電気炊飯器である。
「ひょっとして、これがいいかも」
と安いのにも惹かれ、時々出して使うつもりで買ったが、今ではIHは物置にしまい、こちらメインになってしまった。

日本の米の消費量が減り出したのは、一体いつごろのことだろうか。
日本に電気が足りなくなり、原子力発電が始まり、節電がやかましく言い出されたころ、IH電化製品が増産され出した。
そのころから、炊飯器のコマーシャルがなくなった。
かつて「お米が立ってます」
の宣伝文句のころ、どこのメーカーでも、炊きたてのご飯は本当においしかった。
テレビに炊きたてご飯の映像が頻繁に出ていた。
「お米が立つ」ということは、釜の中でお米が激しく沸騰していることを表している。
昔、薪で炊いたご飯も、木製のふたの端から、白くご飯の煮汁がこぼれていたものだ。
だからこそ美味しかったのだろう。
でも、なぜ吹きこぼれる炊き方がおいしいのか?
子供のころ食したおいしいごはんが忘れられず、私は長く考えていた。
結局、釜の中でご飯が大きく動くということは、空気中の酸素が混ぜ合わされるということではないか?
IHで炊いたご飯は、どれだけ高圧で炊いたところで、米たちは据えられた場所でじっと体が柔らかくなるのを待っているだけだ。
そしてふたを取れば、ご飯はどんぶりの底のようなべったりとした湾曲を描いていて、今更かき混ぜてもそれなり。
テレビに出せないはずだ。

そうなんだ!
日本人が米を食べなくなったのは、炊飯器が悪いのだ。
犯人は炊飯器だったに違いない。
農家が神経をすり減らして美味しい米を作るのに懊悩しているというのに、いくら美味しい米でも、炊き方がこれでは報われない。
電気は食うけど、直に電気の熱で炊いたご飯は、冷めてもおいしいし、何より、口の中で…口の中で…、米本来の威厳のある香りと甘みが広がるのです。
決して炊飯器のメーカーが悪いと言っているのではない。
メーカーは、日本の節電のため、あれこれ涙ぐましいほどの努力で、これでもか、これでもか、と数十種類の炊飯器を世に送り出しているではないか。

日本は米が主食です。
米を美味しく食べる…、これはひいては、子供たちの舌の敏感さにもつながってくるのです。
米のおいしさがわかれば、できあいのインスタントに過剰に走ることもむなしくなるのではないでしょうか。
本物の味がわかれば、おのずと、人間がしっかりしてくるはずです。
ひいては、人間教育にも影響が……。
そしてやがては、日本の将来を左右しかねないことに。
ことほど左様に、食はすべての基本であれば。
効率や、節約や、便利優先にはしないでおきましょう。特にご飯に関しては。

あまり高額なのも困るのです。
最近、豪熱沸騰、とか、おどり炊き、とか、どうも中でお米が沸騰しているらしい超高額のIH炊飯器が売り出されているのを、電気店でいくつも見ました。
よっぽど買おうかと思った。
これらは、あるいは、かつてのフワッ、として甘い感触を持つご飯を炊けるのかもしれない。
ピカピカ光って、ケーキの焼き上がりのようにこんもりとまるく持ち上がって、
「どうぞ食べてください」
と言っているかのような感激があるのかもしれない。
そうであってほしい。
私たちは、もっともっと、日本のお米を食べましょう。









by Kinotomii | 2017-05-31 08:29 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/25278779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。