人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
大草原の小さな家 再放送
at 2019-06-16 16:31
ある人の手紙から
at 2019-06-11 23:07
300人のお茶会 塩尻市 無量寺
at 2019-06-03 23:26
『禅に生きる 復刻版』澤木興道
at 2019-05-21 17:35
京都市交響楽団 第634回定..
at 2019-05-18 21:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

男は役に立たんからね

ハウスに帰る池上線の蒲田行きの車内。
この線はローカル線らしく、下町のような、関西でいえば東大阪のような街並みを走る。京都なら伏見区のあたりの景色。
優先座席に座っていると、向かいに70代とおぼしき4人のおば様たちが座られた。
趣味の会だろうか。
同窓会だろうか。
さして近しい関係ではないが、お互い話すのにこだわりもない関係のようだ。
2組に分かれてひっきりなしに話しておられる。
一人の方が途中で降りた時に、残された一人が加わって3人組になった。
その、後から加わったおばさまが、
「お宅ご主人は?」
みたいなことを隣の婦人に聞いた。
「もう20年前から一人」
のように答えている。
「のように」と言うのは、電車の音ではっきりとは聞き取れないからである。
「え? まったく一人で住んでるの? 子供さんは?」
「ひとり」
「むすめ? それとも…」
「むすこ」
と聞いた途端、質問係りのおば様が、
「あ~あぁ…」
とトーンを落とした。
「息子じゃねえ。男は役に立たんからね」
と、ハッキリおっしゃった。この部分は夫もきっちり覚えていた。
東京の方々は何にしてもはっきりおっしゃるのでしょうかね。
次にこの質問係りがおっしゃったことが、世の常識もここまで来たのかね、と思わせた。
「淋しさを我慢するしかないね。どっちかだね。帰ってこない孤独を我慢するか、近くにいても無視される淋しさを我慢するか」
達観である。
常々、子に頼らずにりっぱに逝きたいと思っている身ではあるが、血を分けた子がいるなら、迷惑をかけるのは嫌だがそれなりの親子の情は交わしたいものと思っている。
甘いんだろうか。
このおば様なら一言の下に、「甘い、甘い」と言うような気がする。
期待するだけ失望は大きいよ、と。

思えば、長男が結婚したのは東京のど真ん中であった。
式の前日ホテルの近くを散策していたら、何かの拍子に同世代のおば様方と話すはめになった。
息子の結婚式で来ている、と言うと、何の躊躇もなく、
「息子は、すべて嫁方に取られますよ」
とおっしゃった。知ってはいるが、そうでありたくないものと思っている。
そんなことはアンフェアーであると思っている。
先々、夫婦に決して良いことは起きない、と思っている。
このご婦人方も息子をお持ちなのだろう。
しかし、一人は娘がいる、と優越感のような笑顔を見せた。

嫁の優先権は結婚式から始まり、以後、住まいから孫の世話から嫁方のものとなる。
これでいいのだ、と言う人々も多い。
女が強い方が家庭はうまくいく、と、テレビの有名コメンテーターが言うようなことを自信たっぷりにおっしゃって。
そして、3組に1組の離婚率。
2日前、孫たちと遊んできた私たちは、東京の3人のおば様方を後に、電車を降りて黙って歩いた。














by Kinotomii | 2016-02-19 09:36 | 親子関係 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/25317096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。