人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
大草原の小さな家 再放送
at 2019-06-16 16:31
ある人の手紙から
at 2019-06-11 23:07
300人のお茶会 塩尻市 無量寺
at 2019-06-03 23:26
『禅に生きる 復刻版』澤木興道
at 2019-05-21 17:35
京都市交響楽団 第634回定..
at 2019-05-18 21:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

息子介護

私たちの世代は、若いころ都会に出てきた世代である。
田舎には適当な仕事がなかった。
そして、60歳を越えたころ、親たちは80歳を越え、故郷で一人何とか頑張っている例が多い。

60歳を越えても年金は65歳からでなければ出ないため、働かなければならない。
60歳で年金生活に入れるなら、帰省して母と一緒に暮らせるものを……。
Aさんのお母様は84歳にして一人暮らしだった。
バスでなければスーパーのあるところまで出られないところに住んでおり、それでも一人で何とか気丈に暮らしておられた。
Aさんは、関西から毎月1回帰省して、お母様のお世話をしてきた。
飛行機で毎月帰省するのも大変なことだったと思う。

実は私も、2005年から両親の介護のために帰省を繰り返している身である。
夫の働きがあるため、私には1週間くらいの帰省が可能なのである。
確かに、一家の主ではない女性には自由がある。
しかし、これも働いていないからできることである。
昨今、女性も働くことを求められ(政治が女性の労働力を欲しがっている)、65歳まで働くことになると、条件は男性と同じである。
娘だからとて、親の役に立つとは限らない。
娘も、親の生活より自分の生活の方が大切なのである。

Aさんのお母様は、昨年亡くなられた。
十分なことをしたとは思い難いだろうが、Aさんはできるだけのことをしたという思いで、すがすがしさはあるのではなかろうか。

昨今、妻が夫の親の介護をしない例が多い。
妻には夫の親への義務もなければ財産権もないので、無理もないと言えば無理もない。

Aさんのように、夫がこうやって帰って親の介護にあたることを許容してくれればまだ良いが、帰してくれない妻の例もある。
つくづく、妻の器一つが夫を孝行息子にも親不孝息子にもする、と思わざるを得ない。
こういうことを考慮すると、「男は役に立たん」と言い放つ世間の常識に、違和感を覚えるのである。





by Kinotomii | 2016-11-30 09:20 | 親子関係 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/25325886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。