やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
還暦からのネイチャーフォト
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
女優 サヘル・ローズ
at 2019-01-18 23:31
白い毒
at 2019-01-03 17:56
ピアスと托鉢僧
at 2018-12-16 22:56
坐禅の神秘 森山大行 2010年
at 2018-12-04 07:34
祈りの竪琴
at 2018-12-02 22:37
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

皮一まい熟柿の果肉守りたる

皮一まい熟柿の果肉守りたる  澄子
赤き実をたどる杣道冬来る   澄子
c0356158_11390451.jpg
杣道(そまみち)は、木こりの通る細く険しい山道のこと。
作者は、抗がん剤治療を続けながらがんと闘っている七十台の女性。
その日々は、一時も気が休まらず狭く険しい道をたどるような心持ちなのではなかろうか。
その先に、希望という赤い実があると思えばこそ、険しい山道も先へ進もうと思える。
闘いの連続で、又も冬を迎える、という感慨が感情を抑えた風景で表現されている。
こんな事情を知らなければ、薄っぺらい俳句と思えるかもしれない。

崩れそうな熟柿の果肉を包んでいるのが、薄い皮一枚である、という危うさ。今にも崩れそうであるが、なだめつつ、なだめつつ、わが身を護る。

東大寺大銀杏あり散り敷る   澄子
山寺の昏きにそひて白椿   澄子
c0356158_11384346.jpg
白椿のりんとした美しさが光る。白は、案外と目立つ輝きを持っている。
東大寺のあの大銀杏は、今でもあるのだろうか。数年前から最も美しい紅葉の杜の大木の木々が伐られ、発掘が始まっていたが。三月堂の下の杜は、秋になると人々が弁当を広げて紅葉狩りをしていた場所だった。あの数本の大銀杏は、秋になるとその一帯を黄金に染め抜いて、人々の顔も黄色く染まるほどだった。


by Kinotomii | 2017-12-15 21:06 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/28605810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。