人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
大草原の小さな家 再放送
at 2019-06-16 16:31
ある人の手紙から
at 2019-06-11 23:07
300人のお茶会 塩尻市 無量寺
at 2019-06-03 23:26
『禅に生きる 復刻版』澤木興道
at 2019-05-21 17:35
京都市交響楽団 第634回定..
at 2019-05-18 21:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

坐禅の効用 

坐禅会には、真の求道心から参加する方、一種の健康法と割り切っている方、どちらとも言えず、またどちらでもあると言う方、道元禅師が好きと言う方、禅の考え方により性格改善が成った経験のある方、坐った後が気持ち良い、という方、大体こんな具合に種々様々である。どれが良い、悪いとは言えない。

須田道輝『新しい佛教読本』P43に、驚くべき運命改善の法則 という章がある。

曰く
<禅は究極的には仏道を成ずる原理であるが、同時に人間生活の中に、驚くべき運命の改善を起こすところの原理でもある>

 難しいので、わかりやすい日本語に言い換えると、
「禅は最終的には仏道を行うための原理であるが、又、坐禅をすると、現実の日常生活において驚くような運命の良い変化が起こる」

 どういうことかと言うと、
<心を静止し、集中力を養い、忍耐心を培うことなどで、やがて、環境の奴隷となっている自分を解放し、環境を自由に駆使する独立独歩の自分に生まれ変わることができる。
自信なき者には自信が湧き、落ち着きのない者には落ち着きが生まれ、不運な者には力が与えられるというような功徳が生まれる。これが、坐禅のもう一つの原理である>

難しい哲学的佛教原理を理解できなくても、これだけでも素晴らしいことです。
何も考えず坐禅をするだけでも良い、ということです。

<坐禅はたんに求道の賢者にのみ特有の大道ではなく、凡人であろうと賢者であろうと、誰でも、いつでも、どこでも、坐禅を行ずる者の前には、必ず現れるところの功徳を内在している>

お坊様方は、言葉が難しいんですよね。
坐禅をする人には、誰でも、いつでも、どこでも、そのうち想像もできないほどの功徳が現れてくる、とこういうことだと思う。それは、誰かが与えてくれるのではなく、元々自分の中に内在していた良い部分が坐禅によって顕現してくるものである。⇒(この部分は、唯識という難しい佛教哲学の探求によって明晰に説明される)

というわけであるから、坐禅会に集う人々は、坐禅をすると心身共に爽快になり、気が大きくなり、こだわりが少なくなり、ちょっとやそっとのことでは驚かなくなり、現実のみを相手にせず、やがて、自分の人生に何かしら良いことが多く現れることを何となく感じているのだと思う。
 
この後、坐禅をすることでどんな効果や功徳があるかを、具体的にあげてある。内容は抽象的な言語が多いため、恐縮ですが、私が理解したところを簡潔にまとめてみましょう。

1、不動の人生観が確立する。
2、人格的に調和が生まれ、長所は伸び、短所は長所に転換。
3、事物の判断を誤らなくなり、人を見抜く力が生まれてくる。
4、運命が改善され、新しい運命が転回する。
5、不安がなくなり、自信が生まれる。
6、悩みや苦しみの本性が見え、苦にならなくなる。
7、諸道、諸芸の奥義に達する。
8、事業を成功に導くカンが生まれる。
9、不治と思われた病気が治る。
10、主体性が確立し、人生への恐れが消える。ノイローゼや鬱などの精神構造が改善される。

 
 ただし、坐禅はためにするものではない。これらの効能(?)も、これを狙ってしたら、無である。宇宙の大自然に己を投げ入れ、無心で素直な心になることが第一で、結果として多くの坐禅を行って来た方々がこのような感想を述べている、というに過ぎないと思う。

「ためにする」とは、例えば、坐禅をしたら自分の求めるものが手に入る、という理屈のことです。事業の発展のために坐禅をする。坐禅をすれば事業が発展するに違いない。これを狙って、道具として坐禅を使うことです。
事業を発展させるためには坐禅をしなければならない、という本末転倒の理屈が生じる。鬱の人と仲間だったこともありますが、坐禅によって身体の気が整うとか、自律神経が調和するとか、そういうことがあるようですが、それも結果的に改善されたということで、坐禅をすると全員病が治るわけではない。
 そうではなく、本来の自分に還ること、天地大自然と一つになること、この宇宙と一体となれる素直な自分になるために坐禅があり、それができた時(心身脱落ができたとき)、誰の力でもなく、与えられたのでもなく、大宇宙の営みに沿った、まがいものでない現実が顕現する、という事でしょう…。







by Kinotomii | 2018-03-03 15:17 | 宗教 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/29347213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。