やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
還暦からのネイチャーフォト
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
女優 サヘル・ローズ
at 2019-01-18 23:31
白い毒
at 2019-01-03 17:56
ピアスと托鉢僧
at 2018-12-16 22:56
坐禅の神秘 森山大行 2010年
at 2018-12-04 07:34
祈りの竪琴
at 2018-12-02 22:37
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

葉月の茶会

連日36度を超える八月に、とある宗匠様のお宅でお茶会が開かれました。
月の茶会といって、毎月参加人数が集まれば開いて下さるということです。

玄関先には水がうたれ、待合で参加者がお互いに自己紹介。
というのは、この茶会は、口伝や、ネット上のサークルの会員の方々が、
それぞれ日時やお好みの宗匠様のお茶会を選んでの申し込み制であるからです。
近代的なやり方です。
講演会などをネット上で知らせて、申し込みもネットでできる、あれと同じです。
本当の一期一会です。
会員価格は、1000円という信じられない額です。
ほとんど主催者のご奉仕です。

今日は、まず、客間で「先付け」のお料理が出ました。
奥様の手作り。
c0356158_14584628.jpg
左から、豆類の胡麻和え、茶そばサラダのようなもの、エビゼリー寄せ。
お料理も器も美しく。
次々と良い器を出してくださいます。

台湾の大学で日本の歴史を教えている大学の先生が、Facebookから申し込みされて参加なさいました。
お茶の歴史は、18年のキャリアとか。ごりっぱ。
当日のお正客を務められた。
習ったり、止めたりを繰り返しているこちらは、ゼロと同じことです。

台湾の大学や地域で、お茶のサークルをつくって教えていらっしゃるそうです。
大変謙虚で、専門家なので当然ながら、日本の歴史や文化を驚くほどご存じでした。
例えば、「池田の菊炭」のこととか。

今日の御棚は、「吉野棚」
c0356158_15011579.jpg
水差しは、朝鮮のもの。

床は「瀧 三千丈」と書かれています。
奈良のどこかのお寺の管長さんの筆。見るだけで涼しくなる。
c0356158_14591320.jpg
花器は、つるべという水差しを代用しています。
主菓子も干菓子も、奥様の手作りです。
c0356158_14593916.jpg
いつも、とても、おいしい。
c0356158_15004372.jpg
朝から作りに入られるとかで、玄人はだしです。忘れられないほどおいしい。

皆さまは、全員お着物で来られます。
日本女性の面目躍如。若い方々がもっとお茶に興味を持ってくれたら…、と残念。
「しつけられる」ことを嫌がる残念な空気が若者に広がることは、国にとってマイナス、と思う。
お茶は、日本文化の根幹。

名古屋の修行でも、毎日、作務の後で、青山俊董老師からお茶のふるまいがあった。
このお部屋だけには、冷房がついていて、若い尼僧さんたちが、お運びを神妙にやっておられた。
これも、彼女たちにとっては修行なんでしょう。
日本女性の私たちは、この美しい空気を忘れないようにしたい。
できれば次の世代に……。

8月12日(日)には、奈良の中央公民館で、「燈花会茶会」が行われる。
誰でも、申し込みできます。
お茶の世界も変わったと思う。


by Kinotomii | 2018-08-04 16:34 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/29670021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。