人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境
本を出版する
旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
大草原の小さな家 再放送
at 2019-06-16 16:31
ある人の手紙から
at 2019-06-11 23:07
300人のお茶会 塩尻市 無量寺
at 2019-06-03 23:26
『禅に生きる 復刻版』澤木興道
at 2019-05-21 17:35
京都市交響楽団 第634回定..
at 2019-05-18 21:42
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

平凡な人生と非凡な人生

彼女は、兄三人に続いて四番目に生まれた一人娘だった。
ご両親にもお兄さま達にも、どんなにか可愛がられて成長したことだろうか。

彼女とは40年前に禅寺で出会った。
その頃18歳で、私より二才下だったが、坐禅では先輩だった。
坐る姿が堂に入り、若年女性にも拘らず、何者にも怖気ないところがあった。
彼女は「一番上の兄が」「二番目の兄が」と、
よくお兄様方の話をした。兄しかいないのだから、自然そうなったと思う。
兄というものを持たない私には、「兄」という言葉を聞くだけで羨ましかった。
彼女は、お茶も御華も私より先輩で、和尚様にも一目置かれるところがあった。

私たちはよく、尼僧希望の話をした。
でもそう簡単になれないこともわかっていた。ただ、冗談のように、
「もし、いざとなったら、私ら尼寺に入るもんね~」
と軽々しく笑った。
彼女の覚悟は私などよりはるかに本物だった証拠に、高校時代、京都にあった安泰寺で摂心までしていた。
私は安泰寺に通ったことはあるが、坐禅は自分の居場所を見つけられずにできず(小さな本堂だった)、外の水場で洗い物ばかりしていた。他のあちこちのお寺を回ることは好まず、地味に坐禅を楽しんだ。

ある時、(その頃、彼女はお茶の先生宅に内弟子として入っていたのだが)お茶の稽古の帰り、家には戻らずまっすぐ、その頃ちょっと評判だった名物安寿さんのお寺に弟子入りを決行した。
覚悟を示すため、お寺の庭で自分で髪にはさみを入れ、ザンバラ髪になったらしい。←こんなことを淡々と話してくれる人だった。
周囲は驚き、ご家族は慌て、反対に反対を重ねて、3年待て、ということになった。
その時の母上様の驚き嘆きは、いかばかりだったろうか。やっとできた一人娘である。納得できないのも無理はない。
その間、お寺の安寿さん初め御家族も説得を重ね、普通の家庭を持つほどの幸せはない、とお見合いをさせた。
そして、お似合いの旦那様を得て、子供さん二人をりっぱに成人させた。

お互い子育ても終わった5年前、変な電話がかかってきた。
不治の病にかかっていることがわかったのは、その1か月後だ。
私たちは、治療の間隙をぬって、大阪に喜劇を観に行ったり、昔坐禅していたお寺を訪れたり、お茶の先生のお墓参りをしたり、色々と行動を共にして思い出を作った。
彼女が立派だったのは、そんなときも、電話で話している時も、決して弱音を口にしなかったことだ。
苦しいとか、痛いとか、悔しいとか、彼女の口から聞いたことがない。
ただ「癌は業な病気や」と言ったことはあった。最後まで、入院中の電話で普通のように話し、「いるんやったら着物あげるし、退院したら、いっぺん家に見に来たら?」
というのが、彼女の声を聞いた最後となった。又も一人、親しい友人を失った。

多くの人は、一見平凡そうに見える。背景を知らなければ、普通に平凡に主婦として一生を生きたようにしか見えない。
しかし、どの人にも言えることだが、人生は一人一人非凡だ。
他人には見せられない孤独や悲しみを抱いていることもある。そんなものを全部ひっくるめて、人は「平凡な人生」と言うのだろう。



by Kinotomii | 2018-10-30 21:39 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/29823452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。