人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境

旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初発心の菩薩
at 2019-08-15 17:24
アーティカス
at 2019-08-07 17:01
表現の自由とは? 二宮金次郎..
at 2019-08-07 15:57
『袈裟のはなし』久馬慧忠(き..
at 2019-08-01 23:14
京都市交響楽団第636回定期..
at 2019-07-30 18:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

さよなら スーザン・ベネット ④


 ある年は父親の看護のためアイルランドに一年間帰った、とある。
生まれ故郷はアイルランドだったのか!

ところで、年齢を知らないのだけど、一体何歳? と書くと、その返事は来年のクリスマスカードになるわけだから、そのときにはもう質問のことなど忘れている。
自分と大体同じくらいであろうとは想像していたが、あまりこだわる気もない。
送ってくる写真の顔は確実にその年齢になっている。

 
次の年は、ヨットで三ヶ月くらい休養している、とある。
ヨットって? 自分の持ち物なの? 
それとも観光ツアーなの? とこちらは興味津々。

すると、翌年の返事に、父親の持ち物だったけど、自分のものになったから、とある。
想定していなかったけど、ものすごいお金持ちだったのだろうか。最初から独身であることは疑わなかった。

 
そういえば、仕事がないわりに生活に困っている様子がなく、ベトナムにボランティアに行って、ベトナム人の親しい友人が沢山できた、と生徒と共に写った写真を入れてある。
ベトナムではボランティアで食べられるのだろうか。
普段の生活費はどうしているの? と、凡人はすぐ不安になるけど・・・う~ん、遺産があったのか。


ある年は、友人の娘さんの結婚式の写真が沢山入っていた。
この娘さんとは随分前、二人だけで長い旅行をしたこともあるらしい。
友人の娘さんの方は山形県に滞在したことがあって、彼女を訪ねがてらあなたに会いたい、と書いてきた年もあった。

どうぞ、いらっしゃい。奈良へはこれこれこんな手段で来れば良いから、と詳しく書いて送ったが、これも実現はしなかった。


日本人の友人も数人いるらしく、数年前の友人の娘さんの結婚式の写真には、私と同年配らしい二人の日本人のご婦人に挟まれて、長身の
Susanが写っている写真もあった。


そして昨年は、


「奈良で過ごした楽しい時間を思い出している。いつか戻って会いたいものだ」


と書いてある。
ぜひ、いらっしゃい。一週間くらいならうちに泊まっても良いから、と書き送った。これも具体化はしなかった。


思うに、
Susanは、案外遠慮深い謙虚な人柄で、やはり、一度会った事があるだけの人物を頼って来日することにためらいがあったのではなかろうか。
こちらがお膳立てをすれば、喜んで来日したかもしれない。

私は『アンジェラの灰』の作者、アイルランド出身のピューリッツアー賞を受賞したフランク・マコートのことを思い出したりした。



by Kinotomii | 2019-07-07 16:18 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/30353194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。