人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境

旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初発心の菩薩
at 2019-08-15 17:24
アーティカス
at 2019-08-07 17:01
表現の自由とは? 二宮金次郎..
at 2019-08-07 15:57
『袈裟のはなし』久馬慧忠(き..
at 2019-08-01 23:14
京都市交響楽団第636回定期..
at 2019-07-30 18:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

アラバマ物語とマララ・ユスフザイに共通するもの

アラバマ物語は、1962年製作のアメリカ映画。
グレゴリー・ペック主演で、1930年代のアメリカのある小さな町で起こった白人社会による黒人と女性への偏見と抑圧を描いている。
原作は Harper Lee の " TO KILL A MOCKINGBIRD" 。
グレゴリー・ペックは、黒人青年による白人女性への強姦事件で加害者として裁判にかけられている黒人青年の弁護士を演じている。

黒人は悪、白人は善、男は加害者、女は被害者、といった固定観念がしぶとく地域を支配する1930年代のアメリカの田舎町で、たとえ、事実がこの反対であっても、あらゆる状況証拠が黒人男性を白と証明していたとしても、裁判官も町の有志も、警官まで、事実より差別と偏見によって成り立ってきた自分たちの古い因習を守るため、正義ではなく、一人の黒人を切り捨てる選択をする。
再び手鎖をかけられて連れられて行く黒人青年の脱力した表情と後ろ姿がやるせなかった。
その夜逃亡を図った青年は、簡単に村人たちに殺される。(真実がバレることを恐れる人々は、早めに青年を無き者にしておきたかったことだろう)

グレゴリー・ペックは法に照らして一人で頑張るが、人々が長年胡坐をかいてきた不平等と不公平への依存は強い。
命を狙われることになる。

この裁判には、なぜか、子供たちも傍聴席に参加しており、子供の目を通して、大人社会のゆがみが描かれる。

しかし、子供たちにも又、大人社会から譲り受けた偏見の目がいかにして育っていくか、引きこもり青年を得体の知れないモンスター化していくのは何気ない悪気のない普通の人々の日常生活やしつけを通してだということが描かれる。私たちが何気なく話すこと、それらは、すべて話す本人の見識、偏見の上に成り立っていることを、いつも注意深く自分でチェックしなければならないな、と思う。

しかし、最後には、引きこもっていた青年の、純粋で一途な行動に皆が助けられることになり、ほっとする。
正しい解決方法ではないが、帳尻が合うといったような。神の下した解決方法だったかもしれない。

やっぱりアメリカ映画だな、と思う。
このころのアメリカ映画には、真摯に人間に向き合った良いものがいくつもあったのではなかろうか。「12人の怒れる男」とか。
そんなに沢山観ていないので大きなことは言えないが。
この「アラバマ物語」は特に好きで、10年前からDVDにも保存。
何度見ても、最初から最後まできちんと腰かけて集中して観てしまう。
監督はRobert Mulligan 。音楽は、何とバーンスタイン!

今から60年前のアメリカ映画だが、この映画の目指すところは、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの主張するところと同じだ。
私は、現在21歳になったこの稀有な女性の活動とメッセージを、NHKの番組で初めて詳しく見て、真から得心した。
「私がまだ生きているのには理由がある」と言う彼女を、一人の女性としてではなくて、多くの不平等を被っている人々の代弁者として、私達は応援していかなくては。




by Kinotomii | 2019-07-13 22:59 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sousekisan.exblog.jp/tb/30361961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。