人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境

旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初発心の菩薩
at 2019-08-15 17:24
アーティカス
at 2019-08-07 17:01
表現の自由とは? 二宮金次郎..
at 2019-08-07 15:57
『袈裟のはなし』久馬慧忠(き..
at 2019-08-01 23:14
京都市交響楽団第636回定期..
at 2019-07-30 18:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

<   2016年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

はたらいて秋夕焼の畦かへる    澄子

案山子の表情がとてもいいなあ、と思います。

c0356158_23004969.jpg

「はたらいて」の後ろには、70歳を迎えたこの女性の長い人生の営みや、悲しみや喜びや将来への不安などが凝縮されています。
いかに年齢を重ねても、その人の心映えは生涯変わらないもののようです。
どことなく少女のような控えめな清澄さがあります。
田んぼは今、黄金の収穫期です。



by Kinotomii | 2016-10-25 23:16 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

iPS夜話ー宗教者、医師、研究者が語る生命倫理

お庭を眺めながら「阿じろ」の御膳をいただき、
最先端の研究者の話を聴き、知的欲求を満足させながら参加者と問題を共有し、また共感し…。
しかもお寺で行われ、宗教者の発言もあり、参加者全員で問題点を共有できる。
新しい形の講演会、シンポジュームか?

といっても、やはり本筋は鼎談の内容である。
入口で3つの中から自分の考えを選ぶアンケートがあって、それらは大きな紙に分類され、自分の意見のところに○シールを貼るという形で表明するものだったが、
①iPS細胞から精子、卵子を作ることは認める。(これは、不妊治療に大きく役立つことが考えられる)
②精子、卵子を受精させ、受精卵から人間の赤ちゃんを作っても良い。
③すべて認めない。

①が多かったが、③も案外多かった。

ここに書ききれないくらい大変なことになってきた、というのが感想だ。
しかも、この分野の進みが速い。

カズオ・イシグロの「私を離さないで」は、そのようにして生まれてきた子供たちが生きる時代の物語だ。
彼らは、臓器の提供だけのために作られて生きている。
自分の分身であり自分を保持しているのが誰か、それは知らされない。
でも、感情も持っている普通の人間だ。しかし、生殖能力はない。
この本は、2005年、今から11年前に発表された。
作家の頭の中はすごいと思う。
それでいて、カズオ・イシグロの世界は悠久の時間を包含しているので、どことなく懐かしさを伴う印象があり、かえって、このような話が事実のように思えてしまう。すでに何処かにこのような人々が生まれていて棲息している、と言われても自然に納得できそうな。

今ではゲノムの編集ということもできて、例えば、都合の良い人間を大量につくることも理論的にはできる。
食料として肉質の良い牛や豚を大量に作っているように、人間も、筋肉が発達するように操作した兵士を大量に作ることは可能に思える。

このような現状を「どこかおかしい」と感じるのが、保守的な人間なのかどうか。…。
近未来映画を観て気分が悪くなるのは、大変消耗してしまうのは、生物の本能ではないのかと思う。

昔は、「授かる」という言い方をしたものだったが、今、授かるのが大変難しくなったから、治療という名目で人工でいろいろなことを試して妊娠というところまで持っていく。
この点での、畑山院長の話が、現実であるだけに最も印象深かった。
不妊治療の背景には、自分の遺伝子を未来に残したいという本能があるからだという。
「自分の遺伝子を残したいというのは、生物の本能。むしろ、しばしば自分よりも遺伝子を残すことの方が重要。それは、子供が川でおぼれていたら自分の生死など考えず、無意識に子供を助けようと川に飛び込むでしょう。あれが、自分よりもDNAを残すことの方を重要に思う無意識の行動です」と。
患者は本当に切実であるだけに、大変なことになってきたと思う。

生まれることも、死ぬことも希望通りにはいかない世界は…。
だからこそ、サムシンググレイトの存在を意識の中に育てることが大切だと思える。



by Kinotomii | 2016-10-23 22:12 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

iPS夜話で出会った高校生

10月22日、予定通り退蔵院で行われるiPS夜話へ。
午後6時から行われるので、退蔵院の前で今日の参加者がチラホラ門の前に待っていた。

横に立っていた男の子が、時間を聞いてきたことから、
「大学生?」
と聞くと、「高校生です」という。
しかも神奈川県から一人で来て、今晩は市内にホテルを取っているという。
ちらほら話していると、大変この分野に興味を持っている様子である。
将来は東大に行って医者になると思うけど、研究者にもなりたい、と明確なビジョンを持っていた。
高3か、と思っていると、高1だとか!
これは頼もしい。

以後、お寺に入って夕食のお弁当を食べるときも、3人の鼎談者(松山大耕退蔵院副住職、畑山博足立病院院長、藤田みさおCiRA倫理研究部門准教授)の話を聞くときも一緒にいたので、家族と思われたかもしれない。

鼎談の内容は大変興味深かったが、このような場に高校1年生が関東から一人で来て参加している、ということが嬉しい驚きだった。
このような地頭が良い子供たちは日本に沢山いるのだろうと思うと、このイベントが終わってからも気分が良かった。
自分が興味を持っていることをこの高校生とおおらかに話せたことが感激だった。





by Kinotomii | 2016-10-23 21:50 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

川畠成道 良い話 にまつわるペテン師と一般大衆  再UP

川畠成道のCD「無伴奏の世界」を聴いている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E7%95%A0%E6%88%90%E9%81%93
コンサートのときと同じ、パガニーニとエルンストが入っている。

すごいです。
ものすごいテクニックと美しい音色です。
もう一枚の方も買ってくればよかった、と激しく後悔。

注記すべきは、この中に、新垣隆氏の作曲した無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 嬰ハ短調「創造」が入っていることです。

新垣氏は、2014年2月に問題となった佐村河内何某のゴーストライターであった方です。
世間をだまし続けることが辛くなり、ご自分から佐村何某のゴーストライターであることを告白し、メディアを通じて謝りなされた。
大変な勇気が要ったことだろう。
あの事件の時も、大方の世間はメディアに騙されて、聾唖者(目の方ははっきり見えたのだろうか?)のバイオリニストに「すごい、すごい」と称賛の拍手を送ったのではなかったか。

案外、世間て簡単に騙されるのだな~、というのが私の印象です。
また、世間を欺くことに恐れを知らないというか、ばれなければいい、とする人種は、むしろホンモノよりそれらしい顔つきをしているものだな~。

一日何回ものコマーシャルが流れようが、長髪を振り乱してベートーベンばりの渋い芸術家の顔つきで現れようが、

「ほんまやの?」

との疑いは晴れなかった。

(2016年12月の加筆)
佐村河内何某については、驚くことに、2013年3月にNHKスペシャルで取り上げられているらしい。
「NHKスペシャル」が報道したら信じたくなるのかもね。何といっても天下のNHKだもん。

叉、ライターなどが取材ツッコミを入れているし、被害をこうむった人は多いようだ。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/iidaichishi/20160615-00058863/
多くの人に興味を持たれたのだなあ…。

でも、一番悪いのは、マスコミを簡単に信じてしまう一般大衆じゃないでしょうか。

そしてマスコミに踊らされる、話題の本人たちとは何の関係もない人々だ。
彼らはこのような事実が面白くてたまらないから、事あるごとに堂々と話す。電車の中やランチの時やPTAの集まりやブログで、自分の知識に何の疑いも持たず持論を展開。自分が加害者となっていることに気づかず。    (加筆終了。)

スタップ細胞の時もそうだった。
あの一流科学者たちを両脇にはべらせ、説明する小保方のかあいらしいかったこと!
研究者ごっこしてはるだけやないの? 
と実は多くの世間の大人の人々はうたがっていたのではなかろうか。


酢につけるだけでできるんやったら、何で今まで世界中の優秀な研究者が気づけへんかったん?


テレビを見て興奮している夫に聞いても、何回聞いても納得できなかった。

科学の知識はあまりないが、直感が❌と言っていた。
直感は大事だ。

夫は「ES細胞の疑いもあるが…」

等と言いながら、でも、本当やったら世紀の大発見や、とほんとは良く知らないくせに興奮していた。

こんなことになる1年以上前から不信感を持った研究者は沢山いたに違いないと思う。


しかし、若い女性であることトップの研究者が両脇を固めていることで、疑いを口にすることは危険なことであった。
興奮する世間をよそに冷たい目で見ていたら、2か月ほどで、尋常でない事実が次々に出てきた。
ほら、やっぱりね!!

あの時に、新垣氏のように、思い切って真実を述べれば、以後の税金の無駄使いも、何名もの研究者の没落も不幸も少なくて済んだことだろうと思う。
しかし、小保方は、今現在でも自分の責任は認めていない風だ。
なぜこんな人が、いつまでも守られる世の中なんだろうか、と思うことがある。

いまだに「組織の犠牲者である」と擁護する一般大衆が多い。大御所作家の尼老師も一般大衆の一人。このような人々は、彼女が間違っていようが正しかろうがどっちでも良いのである。
ただ、女性だから差別された大組織から利用された大組織を叩きたい
この3点を自分の事情と重ねてからませて、無責任に放言して憂さを晴らししているだけなんでしょう。

今日は良い話を書くのだった!!
この新垣氏を励ますコンサートで、新垣氏の曲を弾いたのが、川畠だったそうだ。
彼らは桐朋学園大学の先輩後輩で、友人付き合いもあったとか。
そして、新垣氏の作曲された「創造」は、川畠のCDに入っている。
大変なテクニックを要するような、聴いていても難しそうな曲だ。
しかし、正直に真実を明らかにしたからこそ、川畠とのコラボが実現した。

川畠は、「無伴奏ヴァイオリン・ソナタという、(ゴーストライターの時書いた)交響曲より難しい曲を書いてもらうことで、音楽界への復権を果たしてほしい」
と、新垣氏を励ましたそうだ。
才能ある人々の本当に良い話ですね。









by Kinotomii | 2016-10-17 15:30 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

音楽評論家となっていたはずのK・Kさん

K・Kさんが志半ばで亡くなってから、早くも20年近くが経とうとしている。
K・Kさんは高校時代からのクラシックファンで、大学の時にはいっぱしのクラシック通で通っておられたという。
その時のオーディオクラブのお仲間は就職してからも付き合いがあり、妻たちも巻き込んで、お互いの子供が高校卒業くらいの年齢になってからは、時々夫婦同伴で集まっては飲み食いをした。
こんなにざっくばらんな付き合いも珍しい、と当時から思ったものだった。

K・Kさんは学生時代からすでに音楽評論を手掛けていて、新聞記者という本人にとっては「音楽評論で飯が食えるようになるまでの仮の仕事」をしながら、評論家修行のために月に数回のコンサートに欠かさず出かけていた。
プロの評論家との付き合いもあった。

さて、2013年4月の大阪フェスティバルホールのこけらおとしの年のこと。
指揮者のロリン・マゼールが、ミュンヘン・フィルハーモニーを率いて来日された。
当時83歳だったか……。亡くなる1年前になる。
フェスティバルホールのこけらおとしの一環として招待されたマゼールを1回聴きたくて、S席を、いろんな意味でやっとの思いで取った。
金額的にあの時の額以上の席はあれ以来取ったことはない。
それでも、2階席の後ろの方だった。
結果を始めに書くと、年齢を感じさせない素晴らしい音だった。
ふと、年齢が高くなると聴力はどうなのだろうか、と疑いを持ったことが恥ずかしい。
これも、ミュンヘンの楽団員が指揮者を尊敬し、信じ、お互いがソリストのつもりで弾いておられるからだろうな、と思う。

さて、通路側の指定された席に座ると、隣のご高齢の紳士が
「私は足が悪いので立ちすわりが不自由です。替わってもらえませんか」
と話しかけて来られた。
ちょっと見た目には、これほどお体が不自由なのに一人で来ておられるのだろうか、と心配するほどの方であった。
ところが、一人語りのように話しかけてこられる。
京都にお住まいで、
ー先週は奈良の秋篠音楽堂に聴きに行った。その前はどこどこに。
ー実際のこけらおとしには招待され、1階の前の方の席だった。
ーどこそこのホールは音が良くない。秋篠はまあまあだ。
ー外国のオーケストラは日本に来る交通費まで負担するから高くてかなわない。
お話を聞いていて、
「これは普通の方ではない。これほど頻繁にコンサートにいらっしゃるということは音楽関係の方か」
とピンと来たので、私も乏しい自分の経験から、かつてミシガンでアバドーの指揮でベルリンを聴いた時の音のすばらしさが忘れられないことを述べると、特に驚かれず、何回も海外に出かけ海外のコンサートを経験していらっしゃる口ぶりで、アバドーは~~~、ベルリンはなかなか聴けない……、などとおっしゃる。
「もしかすると音楽関係の方ですか」
とサラリと尋ねると、名刺を出された。
見ると音楽評論家のA・Nとある。
それで、夫の親友でK・Kさんという音楽評論を目指しておられた方がいらした、と述べると、
「K君は早く逝ってしまって残念だった。良いセンスを持っていましたがね」
とひょうひょうとおっしゃった。

偶然隣り合った隣席の方から自分たちに親しかった人物の話題が出るとは、K・Kさんの情熱がいまだに音楽にある証かもしれないと思った。

夫とコンサートに行くと、よくK・Kさんのことが話に出る。
生きていらしたら今頃は必ず活躍されていたことだろう。どんなに無念だっただろうか。コンサートにも一緒に行き、面白い高年時代を共に過ごせたのに、と言うと、夫は寂しそうに「うん」と答える。







by Kinotomii | 2016-10-14 10:59 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

古いレコードの中から

ついにお宝出現か?
夫が捨てると言った100枚以上もある古いレコードを、新聞広告で見て買った安いレコードプレーヤーで鳴らしていると、下のようなものが出現。
(註:安いプレーヤーでも音は決して悪くない。レコードの質が悪いとやはり悪い。例えば、カラヤンのものとかはそん色ない)


c0356158_14543943.jpg
 小澤征爾指揮、武満徹作曲「NOVEMBER STEPS」をトロント交響楽団が演奏している。
1968年、ニューヨークで出された、これは確かTAKEMITSUの有名な曲のはず。
(註:1967年、小澤指揮、ニューヨークフィルで有名になったとか。小澤は1969年までトロントの首席指揮者)

シンプソンズの袋に入ったままというのが、いかにも多くを語っている。
ネットで調べると、Simpsonsはロンドンの百貨店らしい。
レコードが入っていた黄土色の波のような模様のある百貨店の袋が、ヴィンテージということで、オークションにかけられていたのには驚いた。
50年前の百貨店のただの袋が3800円ほどするとは!!
本体は、思ったほど上がってはいなかった。多分、大量に制作されたのだろう。


武満徹は苦手だが、これはすごい! 
琵琶と尺八がすごい! ピアノもすごい!
これを指揮する小澤もすごい!

MESSIAENというわけのわからない曲も入っていて表裏の2枚組。こんなの、1か月に1回聴いたら、ほかに何もいらないくらいの充実感です。
悲しいわけじゃないのに、鼻の奥から熱いものが沸き上がって来た。

琵琶は、KINSHI TSURUTA(鶴田錦史)。

つるたきんし
(1911―1995)

女流琵琶(びわ)奏者。北海道江部乙(えべおつ)町(現滝川市)生まれ。7歳で上京し、兄の鶴田嚴水(げんすい)に錦心(きんしん)流薩摩(さつま)琵琶を学び、ついで速見是水(はやみぜすい)、雨宮薫水(くんすい)らの下で修め、10代には関東で教授や演奏活動を始めた。1960年代から新しい琵琶楽の開拓に着手。64年(昭和39)映画『怪談』(武満徹(たけみつとおる)音楽)の「耳なし芳一(ほういち)」で琵琶を演奏したのをきっかけに、武満の作品『エクリプス』『ノヴェンバー・ステップス』では尺八の横山勝也(かつや)とともに伝統と前衛の融合に努めた。自作『春の宴』『義経』『八甲田山』『壇の浦』では声楽部分にもくふうを凝らし、楽器改作とともに新機軸を打ち出したので、80年代には鶴派または鶴田流と称せられるようになった。鶴翔会を主宰した。[山口 修]


尺八は、KATSUYA YOKOYAMA(横山勝也)1934年生まれ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E5%8B%9D%E4%B9%9F

今はみんなCD化されているからいらない、と言った持ち主はこれをちゃんと聴いたのだろうか。
ロンドンの百貨店で、自分で買ったとも思えず。

もしかして、親友だったK・Kさんから貰ったのではないのだろうか。
K・Kさんは、学生時代から音楽評論家を目指していたクラシック音楽の通だった。
夫の一番の親友だったが、50代の、評論を少しずつ書き始めたころ、志半ばで逝かれた。
K・Kさんの遺品のレコードや解説書や冊子類は、ある大学に寄付されたくらい、多かった。









by Kinotomii | 2016-10-13 16:03 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

クリストフ家のペンション

クリストフ家のこの形のものはペンションのカテゴリーに入るのだろうか。
ドイツ語ではWohnen bei Chrisutofs と出ている。

エルファースハウゼンからここまでは、バイザーライターのオーナーご夫妻が車で運んでくださった。(ヴュルツブルクからの1往復は無料)
本当に気持ちが楽だった。
クリストフ氏ともドイツ語で詳しいところを確認してくださり、こんな形を取って本当に良かったと思ったことだった。

ここは、広々としたワンルームにすべてがそろっていて居心地が良かったが、料金の方は滞在したうちで最も高かった。ダウンタウンに近いこともあって。
6泊して、二人で1泊60ユーロだから、360ユーロ。
一人だとしても60ユーロ。この料金は、4泊以上する人向け。
一晩なら80ユーロ。2晩なら70ユーロ。3晩なら75ユーロで、4晩以上なら60ユーロと言う具合に安くなっていく。
その代り、バス・トイレの掃除も自分でしなければならない。

昨年は1ユーロ150円近かった(泣)
360✖150円=54000円。
この半額を予約した時に振り込むシステムだった。
今年なら113円から115円くらいだから……!

ここに泊まっているとき考えた。
もう少し体の動きがおっくうになったら、このようにワンルームにして、身の回りに何もかも置いておくのが良いな、と。





by Kinotomii | 2016-10-06 17:11 | 旅日記 | Trackback | Comments(0)

クリストフ家のアパートメント


c0356158_18084442.jpg
この小さな扉は、ヴュルツブルクのキースバーグにある、
クリストフ家の滞在型アパートメントの入口。
http://www.deutsche-pensionen.de/pension-wuerzburg/97074-wohnen-bei-christofs.html

2015年、5月22日から27日まで6日間滞在。
アパートと言っても、日本のように部屋がいくつも並んで多くの家族が住んでいる、のではない。
日本で言えば下宿と長期滞在型ホテルを兼ねたようなもの。
クリストフ家では、二組が滞在できる。
Wz氏がメールでアドレスをいくつか教えて下さったうちの一つをネットで探し当て、ネットで申し込んだ。
日本にいてネットで海外の宿泊依頼をしたのは初めての経験。
それというのも、内部の写真など何枚もアップされており、見るからに居心地よさそうだったし、バス停にも徒歩5分と近い。
周辺は高級住宅地と言っても良いほどに、豪華な邸宅が目の保養をさせてくれた。
この入口から2階までがアパートメント。

中に入ると階段があって、
1階は広いバス・トイレ・洗面所。
c0356158_18074982.jpg


2階にもトイレがついており、2階は広いワンルームとなっている。
セミダブルベッドが二つ。
台所と居間の空間。天井も壁も木材。
太い梁を眺めていたら、家主夫人が、
「夫の実家が木材業で山持ちだ」
というようなことをドイツ語で話された。
ここの家主はご夫婦ともに、英語は一切ダメだった。
でもとても親切。ドイツ人は…と言ってよいのかどうか、ヴュルツブルクの人々はどなたもとても親切だった。
頼まなくても、重いスーツケースをドッコイショと持って、駅の階段を下りてくださった方があったり、

わざわざ、「自分にお手伝いできることはないか」
と申し出て下さった若い女性もいらっしゃった。

ここのクリストフご夫妻には、洗濯機を2回お借りした。
ドイツの人々は空気が乾燥している関係もあって、着衣があまり汚れないから
アパートに洗濯機を置いてないところがほとんどだとか。
でも日本人は毎日洗濯せずにはいられない。

2階にはこんなベランダがついていて、毎朝、ここで朝食をとった。
c0356158_18070941.jpg
ここから見える下の家主の庭が素晴らしかった。いつもこんな風にバイエルン旗が上がっていた。
c0356158_18053121.jpg
この裏庭の左手には大きな花壇があったが、写真が見つからない。
珍しい花々が植えてあった。
ドイツのひとたちの勤勉さには脱帽だ。
男性もだが、女性も負けずに働く。
女性だからと言って変に甘えないし、甘えさせてはくれないような雰囲気だった。
お互いを信頼し、一人の人間として認め合っている、それが自然に空気として定着している、こんな感想を持った。
お化粧している女性もこれまでに二人しかお目にかかっていない。
一人は、20年前の知人の女優さんだし、もう一人は、Wz氏の亡くなった奥様だ。
いつもではなく、薬剤師として働きに出るときだけ。
7年前に亡くなったWz氏の奥様バーバラは、大変な美人だった。
朝5時ころから夜まで動いていない時がないほど常に働いていた。
話をしながら周囲の草を抜いていたのが印象的だ。
ドイツの女性はすごい!というのがずっと頭にある。
Wz氏は、この奥様を心から愛しておられた。

日本の女性たち、爪を伸ばしたり飾りをつけたりしている場合じゃない。
日本女性の代表である稲田防衛大臣に、そのリカちゃん人形のようなカールした髪を、せめて辻本清美議員ほどに短くしてから国会に出て来なさい、と言いたい。
攻められて唇をへの字曲げして今にも泣きだしそうだったのには…、言葉がなかった。
日本国民は、防衛をこの人に任せて大丈夫なんだろうか。
初めて閣僚の一人に選ばれた時のコメントで、
「内閣総理大臣を目指します」
とおっしゃった方です。
何だかドイツ女性との比較で変な方向に…。







by Kinotomii | 2016-10-03 18:07 | 旅日記 | Trackback | Comments(0)

豊葦原の瑞穂の国

古事記・日本書紀に見える「豊葦原瑞穂国」(とよあしはらのみずほのくに)。
奈良時代もこんな風景が広がっていたのでしょうか。

c0356158_16101828.jpg
c0356158_16103754.jpg
豊かに実っています。

c0356158_16111028.jpg
散歩道です。
毎朝、軽四で農家の方々が御出勤。
あたり一帯、稲の香。

何やかんや言うても、もう秋です。
c0356158_16114043.jpg


by Kinotomii | 2016-10-01 16:38 | 雑記 | Trackback | Comments(0)