人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境

旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初発心の菩薩
at 2019-08-15 17:24
アーティカス
at 2019-08-07 17:01
表現の自由とは? 二宮金次郎..
at 2019-08-07 15:57
『袈裟のはなし』久馬慧忠(き..
at 2019-08-01 23:14
京都市交響楽団第636回定期..
at 2019-07-30 18:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

京都市交響楽団第608回定期

先ほどテレビを見ていたら、往年の巨匠、朝比奈隆の「私の履歴書」というのをやっていた。

若いころ、コンサートといえば大フィルか京響ばかりだったもので、フェスティバルホールで一番多く聴いたのは朝比奈隆だった。
といっても、十の指に足りない回数だけど。

そのころ、朝比奈隆の指揮は、端正で重厚できれい、といった印象だった。
ところが、さっきのテレビで見た練習風景では、情熱的で熱心な別の顔を見せて下さった。
「指揮者は胸に燃えるものを持っていないと、団員を燃やせない」
名言だ。

いつも思う。指揮者の力量次第で楽団の音が違う。
指揮者の顔の見えるところから広上淳一の指揮を見、演奏を聴いた時から、
このことが、方程式のように間違いのないものとなった。
でも、熱情は指揮者の後ろ姿からもわかりますけどね。

で、608回は、下野竜也氏。
前からこの人の指揮を聴きたいと思っていた。経歴がちょっと変わっているということと、パーソナリティが面白い、と故郷鹿児島の友人に聞いていた。
曲目もブルックナーですから、変化が多いから居眠りせずに聴ける。

思った通り、なかなか良かった! 力が入っていて引き込まれた。
つい、身体を前に乗り出してしまった。
指揮に魂が入っていると、演奏する団員の方々もピッと集中するのが客席からもわかる。

京響の弦楽器の音はとても美しい。
今回のブルックナーの交響曲0番ニ短調というのは、ビオラが活躍する。
普段はビオラがどこを担当しているのかよくわからない曲が多い。
しかしこの曲は、低い、胸に響いてくるような印象深いビオラの音の繰り返しが、そのたびに聴く者の集中力を高めてくれる。

招待ピアニストは、パスカル・ロジェというフランス人だったが、いかにもモーツアルトらしい優しい音だった。
拍手も多かった。何回も何回も出たり引っ込んだりされた。
もうこのくらいで解放してあげましょうよ、と思っていた。
でも、アンコールに応えなければ解放しませんよ、とばかり、アンコールのおねだり拍手は鳴りやまない。

あまりにしつこいと、演奏者に対して賞賛のつもりが負担になるのではないか…、と考えるのは、ミシガンで聴いたベルリンのアバドーの指揮の時からだ。

2001年、アバドーは、ベルリンの指揮者を引退する、と宣言してこの年、世界中を引退行脚していた。
曲はベートーベンだった。
私はこちら方面にど素人だったが、その私にも演奏の言うに言われぬすばらしさは十分にわかった。
演奏後、客席が総立ちになって、拍手はいつまでも鳴りやまなかった。
アバドーは何回も出ては引っ込んだが、ついにアンコールに応えることはなかった。

本曲に全精力をつぎ込んだら、次に小品をおまけとして演奏するのは、観客が考える以上の負担に違いないし、本曲が上等の和菓子だとしたら、その後で、アンコール曲の駄菓子を食べると、コンサートの印象は、和菓子ではなく、駄菓子になってしまう。
アバドーの胸にもこれがあったのではないか、と密かに考え続けている。






by Kinotomii | 2017-01-29 20:51 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

水仙やぴんとのびたる地蔵の背  澄子

c0356158_10553086.jpg


水仙のまっすぐ立っている茎のけなげさと、お地蔵さんはどれも背中がまっすぐだ、というところの取り合わせ。
野の仏に目を止めるのは、その人本来の気のやさしさであろう。
細く折れやすいけれど、かぐわしく匂う水仙のように背筋を真っ直ぐに立てて強く生き抜きたい。
手術を終え、自宅に戻った彼女から強い決意のこもった手紙が来た。

1人で2人の子供さんを育て上げた澄子さんは、70歳をこえても
「どんな仕事でもいいから働かせて下さい」
と頼み込み、手術が終わったら復帰しますから、と宣言しての入院だったという。
あの細い小柄な体のどこから?
頑張れ、頑張れ!




by Kinotomii | 2017-01-28 17:51 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

『致知』新春特別講演会

2017年1月14日(土)、東京の恵比寿にあるウエスティンホテル。
かねて楽しみにしていた致知出版社が主催する新春特別講演会に出席できた。
講師は臨済宗円覚寺派管長 横田南嶺(なんれい)老師。
http://asuhenokotoba.blogspot.jp/2015/01/blog-post.html

ノーベル賞受賞者、北里大学特別栄誉教授 大村智先生。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%91%E6%99%BA#.E7.94.9F.E3.81.84.E7.AB.8B.E3.81.A1
そして、「致知」ではお馴染みの村上和雄先生と言葉をかわせたことは、大変栄誉なことであり、うれしいことであった。
「奈良から参りました」
「私は天理市出身です」
「存じております。お目にかかれて光栄です」
たったこれだけの会話だったが、尊敬する方のおそば近くに寄れるだけでも、何か気の引き締まる心地よい緊張感に満ちた。

横田南嶺老師のお話で印象深かったのは、すでに中学生のころから僧侶を目指していたという点。松原泰道老師との出会いが横田師の一生を決めたのでしょうか。
「花が咲いている。精一杯咲いている。私たちも精一杯生きよう」
泰道老師が中学生に書いてくださったこの言葉は、禅の真髄でもある。
そして、最初のご縁をずっと大切にされるところが、抜きんでた人々に共通の心構えというものでしょうか。

大村智先生の少年時代からの八面六臂のご活躍は、典型的な昔の偉人タイプと見えた。
先生の人生は意外な展開の連続。
まず、高校までは農家を継ぐつもりでスキーと卓球だけに入れ込み、勉強などしなかった。が、あるきっかけから猛烈に勉強を始める。
そして、現在まで突っ走り通しの人生を送ってこられたように感じた。
何事にも決してあきらめず、困難から逃げず、むしろ向かっていくタイプ。お話が愉快だった。
ノーベル賞を受賞されたときにもインタビューで語られたが、
「私の功績は、半分は亡くなった妻のものです。妻の協力がなければできなかった」
と堂々とおっしゃった。今回も同じようにおっしゃった。
その協力の内容は、海外の研究者を自宅で手料理でもてなし、夫の論文のタイプ打ち、事業の署名集めにまで及ぶ。
内助の功、とは、古い言葉のように思うかもしれないが、女の生き方として大変魅力的である。
夫をノーベル賞学者にまで押し上げれば、立派な仕事であり同志という関係ではないか。
ここまでとは言わなくても、夫を定年まで勤めあげさせる(社会状況の変化で会社と運命を共ににしなければならない場合が珍しくないことは除いて)、これだけでも、いかに妻たちには大変なエネルギーと努力がいることか。

一人で何人分もの活躍をされる方々。
ああ、出席できて良かった。
致知出版社は、「人間力を高める」をモットーに出版活動をしていらっしゃる。

横田南嶺老師のレジメから、仏教詩人の坂村真民の詩。

「人は一度 死なねばならぬ 日は一度 沈まねばならぬ 光は一度 闇にならねばならぬ これが宇宙の教えだ このことがわかれば たいがいのことはわかる」

「鳥は飛ばねばならぬ 人は生きねばならぬ」




by Kinotomii | 2017-01-24 22:02 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

雨ニモマケズ

           
c0356158_16510676.jpg


宮澤賢治の「雨ニモマケズ」は、35歳、病床の床で手帖にメモ書きのように記されたものである。イラストレーターの唐仁原教久氏
https://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGHP_jaJP430JP430&q=%e5%94%90%e4%bb%81%e5%8e%9f%e6%95%99%e4%b9%85
がこの詩を一冊の絵本にした。どのページからも賢治の息遣いが聞こえて来る。
魂を天に捧げたような、突出した修行者のような賢治のことばに会える一冊です。2000年4月 朝日出版。
c0356158_10561075.jpg

<苦しい時や悲しい時、いつしかどこからか「雨ニモマケズ。風ニモマケズ」のフレーズが身体の底から湧き出てくる。特別に意識をしてしまいこんだ記憶もないのに、突然の雨や暴風のような苦境に立たされた時、どこからかやってくる>「あとがき」より。



by Kinotomii | 2017-01-05 15:22 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

2017年 元旦。

2017年のお正月は、快晴。
比較的暖かく、穏やかな新年の幕開け。
家のシンボルツリーである白木蓮は、すでにこのようにつぼみを膨らませて春を待っている。  
c0356158_16585037.jpg
毎日のように鵯のつがいがやってきて枝に止まっている。
c0356158_16513093.jpg
今年のお正月は子供の新居にお呼ばれに。
息子の嫁さんが31日に、お雑煮の予行練習をした上で、本番の元旦に供してくれたのがこのおしゃれなお雑煮。
ブリを入れるのが実家のお雑煮とかで、豪華で上品なとても美味しいお雑煮でした。
c0356158_17141688.jpg
わが家から持参した伝統的おせち料理、サバの昆布まきとかしわと根野菜の煮つけもともにテーブルに。
c0356158_17151564.jpg
若い二人が、これから様々な家庭の仕事に取組み、難題や行事や喜び事を経験することで一人前の家庭人を目指していって欲しいと、初詣のアメノコヤネノミコト神社に祈った。












by Kinotomii | 2017-01-01 17:16 | 雑記 | Trackback | Comments(0)