人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境

旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初発心の菩薩
at 2019-08-15 17:24
アーティカス
at 2019-08-07 17:01
表現の自由とは? 二宮金次郎..
at 2019-08-07 15:57
『袈裟のはなし』久馬慧忠(き..
at 2019-08-01 23:14
京都市交響楽団第636回定期..
at 2019-07-30 18:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

<   2019年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

禅と茶の湯①

初めてお茶に触れたのは、20歳の時。
花嫁修業の一環として、参禅していた三松禅寺の御住職にご紹介いただいた。

三松禅寺は、1679年、大和郡山城主・本多正勝公一族の士族寺として建立され、後世、松平・柳沢公など武家の菩提寺としての由緒を誇り、大和盆地唯一の行学一致の学問場として有能な人材を打出してきました。(三松禅寺パンフレットより)

三松禅寺は、大本山永平寺・総持寺認可の曹洞宗の参禅道場です。
一昔前は、奈良女子大の数学の教授であられた岡潔先生や、名物市長であられた故鍵田忠三郎氏なども集まり、さながら奈良の文化人のサロンのようであったらしい。鍵田氏は、奈良市職員として働いていた当時の上司です。氏の道場に豚汁をいただきに参上したこともある。

私が参禅していた50年くらい前の御住職は、皆川英真師。今考えると、厳しく正確に坐禅を御指導下さった。そして、この時入った禅の考え方は私の一生を左右した。19歳20歳の頃影響を受けた思想は、人間の考え方の根幹を成すと考えざるを得ない。だから、若い頃禅とご縁を戴いたことは本当にありがたいことだった。

ところで、お茶の先生は三松禅寺の専属のようなお方であったから、お弟子さん方にはそれ相当の方々がいらっしゃった。そして、厳しかった。三年間通っても初級止まりだった。やがて結婚と同時にお茶どころではなくなり、お茶は止めていた。四十代後半と五十代後半に再、再挑戦をしたが、いずれも膝の故障やら、先生の健康上の御都合やらで、ストップしていた。

最近、真ML茶の湯Communityというネット上の茶人の集まりに入れていただいた。素晴らしい組織である。流派の違いを超え、日本中の色々なお茶会の情報がサイト内に書き込まれる。お茶会の感想や、お道具、茶花、畳から何から、深い、深い、気が遠くなりそうに深い。

嬉しいのは、カレンダーにお茶会の日付が書き込まれ、会員であればどなたでも参加できる。会員でなくても、会員と一緒であれば参席しても良い、と規約にある。会員価格は基本的に一回千円。
本名ではなく、全員がハンドルネームを持っており、初めてお目にかかってもハンドルネームを名乗れば、途端にお互い、ニッコリとなる。ハンドルネーム一つで、その人のお茶歴、メールアドレスなど誰にでもわかるようになっている。

お茶の世界は、ややこしいきまりやあうんの呼吸のようなことがあるから、全くの初心者では場の空気を乱すこともあり、それに本人は気づかないといったことが起こる。ところが、お茶人は懐が大きいから、どのような珍事もうまく処理される。これを実感できるのも、お茶の世界に惹かれる理由の一つ。

久しぶりにお茶会を再開されたお茶人のお茶会に参席したのは、2~3日前の寒い日和のことでした。




by Kinotomii | 2019-02-23 16:37 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

梅花開花

梅は最も好きな花なので、春になると梅の便りに敏感になります。
叔父叔母の住む甲子園に行ったのは、立春の2月4日。奈良ではまだチラホラの頃。
甲子園界隈の神社の紅梅。
c0356158_12425687.jpg
c0356158_12431036.jpg
残念ながら、紅梅には香りがあまりない。

こちらは、さる九州のお寺の古木の白梅。みごとです。2月8日頃。さぞやあたり一帯にふくいくたる香りが満ちていることでしょう。
c0356158_12490455.jpg


一方、この紅梅も、2月8日。
東大寺二月堂の上の方に位置するお不動さんの横の紅梅。
お茶会のついでに立ち寄りました。毎年、一回はここにお参りするようにしている。ここのお不動様は、不動堂の中にりりしく鎮座ましまして、とてもいい。
c0356158_12432660.jpg
この坂道を下ると、二月堂です。知る人ぞ知る、強いパワーを発しておられるというここのお不動さん。お互い知らなくても、ここで出会うと、笑みでもってご挨拶。ご縁ですね、と。噂に聞くと、あの人、この人、お不動参りをして病気が治ったとか、争いごとがきれいに解決したとか。
c0356158_12433801.jpg
はるかに見えるのは、奈良盆地です。
手前に少しだけ見えている屋根が、二月堂の屋根。もうすぐ(3月1日から)
お水取りが始まります。ここの炎の行は、すごいものです。皆さん、燃えカスを拾うのに、死に物狂い。最近は、バスを仕立てて九州からのお客もある。あんまり見物人が多いので、この頃は行きません。40年前は、のどかな宗教行事だった。道々のお家の方々は、玄関先にお茶や軽食を準備してお参りの方々にふるまっておられた。この頃はそれどころじゃない。

これは、裏庭に立つ我が家の白梅。今年は花がとても少ない。実がなるかどうか。
c0356158_12441636.jpg

春を待つハクモクレンは、日ごとに膨らみを増している。携帯カメラなので、ちゃんと撮れないのが残念だ。
c0356158_12481491.jpg



by Kinotomii | 2019-02-13 13:21 | 雑記 | Trackback | Comments(0)