人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境

旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初発心の菩薩
at 2019-08-15 17:24
アーティカス
at 2019-08-07 17:01
表現の自由とは? 二宮金次郎..
at 2019-08-07 15:57
『袈裟のはなし』久馬慧忠(き..
at 2019-08-01 23:14
京都市交響楽団第636回定期..
at 2019-07-30 18:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大草原の小さな家 再放送

あの懐かしい「大草原の小さな家」https://www4.nhk.or.jp/daisougen-bsp/
が、NHKで再放送中。
毎週土曜日、8:30から。

原作はローラ・インガルス・ワイルダー。インガルス家の二女。
父さん役のマイケル・ランドンが、プロデューサーもディレクターも担っている。
子どもの頃両親の離婚で寂しい思いをしたランドンは、理想の家族を描きたいということで、このインガルス家の父親役を自ら希望した。そして、プロデューサーもディレクターも担ったということだ。

母さん役のカレン・グラッスルは、とても知的で美しく、希望を失わない強さを持つ母親役を、まるで本物のように演じている。
以前は学校の先生だったという設定になっている。
ドラマの中では、長女が先生になりたい希望を持つように設定されているが……、彼女は感受性が強く複雑な性格に描かれる。

主役のローラは、明るくて常に前向き。ローラ役のメリッサ・ギルバートは、実際にも優れた頭脳を持っていたらしく、大人になると、一度は先生になる…、だったと思うが記憶は曖昧。
原作者も二女のローラである。

何より嬉しいのは、アメリカの開拓時代の一家を、真面目に力強く前向きに描いていることだ。
家族の物語である。
ケラケラ笑わせる映像や今流行のお笑い芸人が牛耳るテレビのバラエティ番組などは、決して人間を幸せにはしない(見ることはないが)。
テレビでこのような家族を描いたドラマが放映されることは、どれほど社会に良い影響を与えるかわからない。

アメリカでは1974年から83年まで放映されたらしいが、昔、子育てしながら熱心に観た記憶がある。
この影響で、子供たちに自分たち親のことを「父さん」「母さん」と呼ばせることになった。

父さんのチャールズは肉体的にも精神的にも強い人物だ。家族を守るために働きに働く。そして、家族を引っ張っていく。
母さんのキャロラインは、優しく料理上手なだけではない。
娘三人をきちんとしつけ(のちに4人になる)、夫を励まし、夫がピンチのときには代わりに働く賢明さを持っている。
又、インディアンに突如襲われても感情的にならず、憎むこともせず、何とか娘たちを守り抜く。
真に強い女性とは、このような女性のことではないか。

私はこの母さんに憧れ、その台所や御菓子作りに憧れ、2001年に渡米した時(ミシガン州)、アンティークマーケットで、この当時のポテトマッシャーやにんにく絞りや紅茶缶などを買って来た。

1回目の「旅立ち」は、故郷を出てカンザスに入り、ゼロから家を建てる厳しい物語だったが、すぐに政府の手違いによりそこに住めなくなり、北に向かって行くところだった。
2回目の先週は、すでにミネソタに入っており、仕事を見つけ生活を始めるところから。
大方はミネソタでの生活が描かれるらしいが、不思議なのは、カンザスからわざわざアイオワを突っ切ってミネソタに入ったのだろうかということ。アイオワは結構大きい。それに、荒涼とした原野だったはずだ。
随分長い旅だったのではないか、と思うが…。
アイオワにとどまらずミネソタまで北上したのは、ここに政治上の無料で手に入る土地があったとかいうことだろうか。
一度本を読んでみたいものだ。

2017年にミネアポリスからアイオワのあたりを往復したことがあった。
ミネアポリスは、冬はとても寒いらしい。
すべての家にセントラルヒーティングの設備があると。

アメリカ開拓時代の、厳しいが皆が助け合い、正直や正義がバカにされない時代をドラマの中に見られるのだと思うと、ほっとする。


by Kinotomii | 2019-06-16 16:31 | 親子関係 | Trackback | Comments(0)

ある人の手紙から

《ある手紙からの抜き書き》

・・・・・・・・・
確かに老人は施設を利用することを嫌がりますね。

嫁と同居していれば、嫁への気兼ねからデイサービスに行く方もいらっしゃいます。

近くのオバサンが漏らしていらっしゃいましたが、本当は行きたくない。

子供たちを安心させるために仕方なく楽しそうな顔をして行くんだ、と。

とは言っても、子供にも親の安全面への不安など事情があるのですが……。

もし自分がこうなったらどうするだろうか、と考えるときがあります。


両親が家で暮らしている頃、自分の身も不自由な母にとって父の世話が大変で、

デイサービスに週1回でも行ってくれればと、ケアマネージャーも加えた家族総員で説得しました。

父が「試しに」ということでしぶしぶ行く事に決めた朝、
迎えのバスの時間より
1時間も前から

玄関を出たところの椅子に腰かけ、荷物を腕に抱えて緊張の面持ちで待っていたのを思い出します。

その日、父がいないと全く母の行動が楽で、周囲は皆安気でした。

夕方になり父が帰ってきました。

楽しそうな笑顔で、職員の方々に「おおきにな」と頭を下げ玄関を入ってきた時、母と私は「こら良かった! 」と

ほっとしました。

ところが、ほっとしたのもつかの間、玄関に入った途端、父が吐瀉しました。

勢いよく胃の中のものを全部吐きました。

慣れない環境で周囲に気を遣い、神経を使い、その結果のことと思われました。

「この人には向かない」とわかりました。

翌日からまた母は父の気難しくわがままな一日に付き合う羽目になりました。

そして、1年後母の方が倒れたのです。


年寄りはぐんぐんガンコになりますし、一番近くにいる、わがままの言える人間を責めるようなところがありますね。

あの本に書けないことの方が多いです。本当はもっと深刻です。

頭もガンコになっているし、意識が昔に返っているので、理不尽を言います。

ですから、二人とも施設に入ってからは、子供たちの楽なこと。

でも父は何回も家に帰ると言って困らせました。

私が帰省したときだけ、できる範囲で家に連れ帰りました。

すると今度は施設には帰らんと言って困らせました。

誰でも自分の家がいいんですよね。

こんなに世の中が長寿社会になるとは、40年前は誰も想像できなかったと思います。


by Kinotomii | 2019-06-11 23:07 | 雑記 | Trackback | Comments(0)