人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境

旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初発心の菩薩
at 2019-08-15 17:24
アーティカス
at 2019-08-07 17:01
表現の自由とは? 二宮金次郎..
at 2019-08-07 15:57
『袈裟のはなし』久馬慧忠(き..
at 2019-08-01 23:14
京都市交響楽団第636回定期..
at 2019-07-30 18:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

タグ:僧堂 ( 1 ) タグの人気記事

佛国山 瑞応寺③ 摂心

明日、2月1日から瑞応寺では、5日間の摂心に入ります(もしかすると7日間だったかもしれない)。一度も摂心というものに参加したことはないので、偉そうなことは言えません。

常は、朝4時からの坐禅と作務。そして、夜の坐禅ですが、
摂心中は、ほぼ一日中坐禅三昧、のはず。
接心を経験して初めて、見えてくるものがあるそうです。

この最も寒い時期の坐禅は、若い雲水さんしか無理に思える。案内して下さった若い雲水さんに、
「若い時期に修業できることは幸せですね」と、羨望と共に本音が。あえてこのような厳しい修行を、僧侶となるために課せられているからとは云え、細い指先の現代の若者たちができるのは、数え切れないほどの先輩修行僧たちが築き上げてきた伝統の持つ力であり、黒い僧衣への責任感とパワーに支えられているからでしょうか。

アメリカの龍門寺は、外気温がマイナス10度を超えるのはざらなので、エアコンディションの装置があります。屋根の下は、すべて、快適な温度に保たれている。「でなければ、死にます」と、そこに住んでいる方がおっしゃった。
昨年11月、外気温マイナス7度の時があったけど、部屋の中はセーター一枚で汗ばむほどの快適さ。
ですから、真冬の接心も、日本の僧堂ほどの辛さはないでしょう。
ただ、瑞応寺の坐禅堂にも、1台だけストーブがあった。

夜の僧堂

c0356158_21583442.jpg


内堂には勝手に入れません。が、僧堂の聖像は、文殊菩薩様。

c0356158_21551123.jpg

雲水さんたちは、修行中は、今でもこの僧堂で寝起きされるそうです。


by Kinotomii | 2018-01-31 14:13 | 宗教 | Trackback | Comments(0)