人気ブログランキング |

やりたいこと、行きたいところ、話したい人、書きたいことが多すぎて。
by Kinotomii
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カテゴリ
全体
宗教
音楽
環境

旅日記
雑記
親子関係
食べ物
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
お気に入りブログ
アトリエkotori*の...
年金だけでも楽しく暮らし...
還暦からのネイチャーフォト
野鳥の素顔 <野鳥と日々...
アリスのトリップ
Lady Satin's...
写鳥楽
今日の易の言葉
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
初発心の菩薩
at 2019-08-15 17:24
アーティカス
at 2019-08-07 17:01
表現の自由とは? 二宮金次郎..
at 2019-08-07 15:57
『袈裟のはなし』久馬慧忠(き..
at 2019-08-01 23:14
京都市交響楽団第636回定期..
at 2019-07-30 18:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
シニアライフ
音楽
画像一覧

タグ:道元禅師 ( 6 ) タグの人気記事

不思量と非思量

不思量と非思量は、言葉で説明されても納得が難しい。

大谷哲夫氏 (前駒澤大学総長)の『正法眼蔵 永平広録 用語集』の説明を並べてみよう。(『大法輪』第79巻から)

不思量=一切の思量分別を停止すること。考えることの徹底した否定。無我の絶対的な思いはかり。

非思量=「考える」という意識活動をしない状態ではなく、考えながらその考えに伴うとらわれを脱した脱落の思量、非の思量のこと。道元は、坐禅は佛行であるから思量は思量を超えて、そこにこそ有念無念の思いを超絶する非言語の世界に坐禅の極致が現成するのだ、と坐禅のあり方を明らかにしている。

改めて普勧坐禅儀の坐禅の要術のところを検討すると、
「箇の不思量底を思量せよ。不思量底如何が思量せん。非思量。此れ乃ち坐禅の要術なり。」だから、
坐禅は、
1、<不思量底を思量せよ>⇒「考えることを止める」ことに努めよ。まずは、何も考えるな。
2、<不思量底如何が思量せん>⇒何も考えないとは、どんなふうな考え、思いの状態なのか?
3、<非思量>⇒湧き出る考え、有念無念の思いを追いかけない。それに捉われない。それを脱した非言語の状態である。身心脱落した状態である。

と、言葉にすると又嘘っぽい。佛の前に、身も心も投げ出して、すべて佛にお任せし、湧き出る思いに執着せず……。すべてお任せした時に、その状態がそのまま佛である、と道元禅師は仰っているようです。

しかし、凡愚の自分は、何も考えないどころか、時には集中して一つの考えに没頭していることもある。
考えが迷走している時もある。

澤木興道禅師は、「追いかけるな、追いかけるな」と仰っている。この非言語状態にすぐなれれば苦労はないわけで、毎日の感情に翻弄されているのが人間だ。
しかし、これは「慣れる」ことで、近づけるような気がする。つまり、非思量とは、Non thinking とは、自我を捨てた状態だから、坐禅を続けるうちにこれに慣れ、非思量状態を頂けるようになるのではないか。
そして、これを続けることができれば、周囲の何にも左右されない素直な一つ抜け出たような精神状態を頂けるような気がする。

「坐禅は何にもならない」とよく言われる。何かを狙ってしたら、これは上に書いたような真の坐禅にはならない。何も考えず、自我を捨て、佛の前に本来の真の自分を投げ出した時、不思議と澄み切った自分を頂くことができ、いつのまにかこだわっていたことが消えていたり、鋭い勘が働いたりして。だから、何も考えずまず坐ることが肝要。

花盛り
c0356158_15485593.jpg



by Kinotomii | 2019-03-11 16:27 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

道元禅師 山居の偈(げ)

山居の偈 (「げ」とは、短い詞)

西来(せいらい)の祖道、 われ東(ひんがし)に伝う
月を釣(いざな)い雲を耕(はげま)して、古風を慕わしむ
世俗の紅塵、飛べども到らず。
深山雪夜(しんざんせつや)、草庵の中(うち)。

Verse of Life in the Mountain

The way of the patriarch's coming
from the West,
I transmit to the East,
Yarning for the ancient ways ,
Catching the moon,
Cultivating the clouds,
untoutched by worldly dust
fluttering about
a thatched hut ---
snowy evening, deep mountain.


「僧堂の行持」英訳本、
"PRACTICES AT A ZEN MONASTRY" と

You Tube の最初の英訳に異なりがある。

本…patriarch's coming from the West
You Tube…patriarches coming from the West

部分を書き直し。3/21




by Kinotomii | 2018-11-29 20:00 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

再び「山居の偈」英語版 再up

どうしても気になる道元禅師の「山居の偈」の英語版の違い、

① patoriarch's ➡〝PRACTICES AT A ZEN MONASTERY” 『僧堂の行持』瑞応寺出版の英訳。

② patriarches ➡アメリカでYou Tubeに投稿された” Hokyo-ji"宣伝のための Hokyo-ji Zen Practice Community による投稿。

いずれも道元禅師の「山居の偈」を英訳したものだが、一語[patriarches]の部分だけが違う。
[patriarch]とは、祖師、長老、古老のこと。このような人は一人しかおらず、複数形にはできない。


辞書を引くと、patriarchesは複数形ではなくて、ギリシャ語から語形変化したpatriarchaeの所有格(属格に入るのだろうか。I-my-me-mineのmineに当たる)である。patriarchesは、英検1級くらいの、あまり使わない難しい単語だそうだ。ネットの辞書によると。

故に、[The way of patriarches]で「祖道」=祖師に属している/と共にある/が持ってきた法(仏法)=系統の正しい仏法。
[coming from the west]で「西来」=西からやってきた

とうことは、やっぱりこう書かなくてはいけないかも。
The way of the patriaches
Coming from the West
これを日本語訳すると、「西からやって来た祖師に属している法」。=「西からやって来た僧と共に伝わった法」…日本語としては奇妙だけど、「法 と僧は一如と」いう理解なのでしょう。正法であることを宣言しているのでしょう。

漢文の読み下し文的には<西来の祖道>

日本語と英語の違いは、日本語は大事なこと<祖道>は最後に持ってくる。
英語は、大事なこと<The way>を初めに持ってくる。そして後ろから前を修飾する。ややこしいのは、中国語は英語と似た並び方だということ。
恐らく道元はこれを漢文で書いているから、それを後世の人々が日本語読み下し文にした。それを又、英訳したということで…。英訳に苦労したことでしょう…。

オリジナルは道元の言葉だから、「西」はインドのこと。
「我東に伝ふ」の「我」は道元自身、「東」は日本のことになる。
つまり、西方のインドから達磨大師によって中国に伝わった禅佛教を、道元が東方の日本に伝えたということをうたっている。

では、Hokyo-ji Zen Practice Community の方はどうかというと、英訳はやっぱりこちらの方が正しかった。ただ、You Tubeの映像は生前の片桐大忍老師である。道元禅師の「short poem」と断ってはあるが、宝鏡寺のバックグラウンドに英語の「山居の偈」が流れると、[I transmit to the East」のI は、片桐大忍としか映らない。Eastは、アメリカのこととなるし、道元によって中国から日本に伝えられた禅佛教が、片桐大忍によって再びアメリカに伝えられたという意味になる。

うまいなあ、と思う。この作り方が。道元の行ったことと同じことを、片桐大忍がアメリカに同じように行った。道元と片桐大忍が重なるように作ってある。
確かに道元の仏法をアメリカ中西部に伝えたのは、彼らにとっては、師と仰ぐ片桐大忍である。片桐大忍は、道元が唱導した道元の時代の禅佛教をアメリカで実現しようとして(多分、道元禅師の時代の基本に返った禅が頭にあった)、わざわざミネソタの山の中に「宝鏡寺」という僧堂を作ろうと頑張った。志半ばでガンで逝かねばならなかったことは、どれほどの心残りだったろうか。現在、宝鏡寺は、道心のあるアメリカ人たちによって少しずつ再建に向かっている。坐禅も行われている。

これらのことは、ワインコフ彰顕著、中山とし子訳
『禅の種まき アメリカ人禅僧の禅的日々 in Iowa』に断片的に書かれています。
https://sousekisan.exblog.jp/page/7/
出版社は、奈良でこだわりの出版を続けている「奈良情報教育出版」http://www.narahon.com/。販売もしています。



by Kinotomii | 2018-11-29 07:22 | Trackback | Comments(0)

青山俊董 「人生は正師を求め行く旅」

愛知尼僧専門僧堂の日曜参禅会は、月に一回行われる。前回の参加者は50人から60人。応量器でいただくおいしいお斎(とき)も出て、坐禅を午前と午後の2回できて、俊董師の講義を聞けて、これで参加費、1500円!!

84歳の俊董師は、外側も内側もりっぱな禅僧でした。
世間に対して華々しく己を喧伝したり権力に近づくことは、道元禅師の最も嫌われたことである、ということで、俊董師は、軽々しくテレビや雑誌のインタビューなども受けられないのだそうだから、こうやってその人について書くことはいかがなものだろうか、との迷いがある。ネット上にホームページなど作るどころか、尼僧堂にはパソコンもない。

4月15日、長年憧れてきた当代随一の禅尼である青山俊董(しゅんどう)先生(老師と言いたいところだが、僧堂の雲水さんたちも、先生と仰っていた)に、親しくお目にかかることができた。家を5時半に出て、約3時間かけて名古屋の僧堂に着いたかいがあったというもの。
といっても、雲水さんたちは4時からの坐禅ですから、大したことではない。

真に失礼ながら、意外だったのは、青山俊董師が、午前午後の提唱(講話、講義)の時間に『正法眼蔵』を講じていらっしゃったことだ。「行持」の巻だった。尼僧といえば、お茶、お花、料理を専門とされる方が多いのかな、とヘンケンを持っていた。俊董師には、『道元禅師に学ぶ人生 典座教訓をよむ』という、御本もある。解説と具体的例を取り上げ、素人にも大変面白い御本でした。もちろん、お茶、お華も当然のこと、一流の先生です。

当日は、漢文の読み下し文を更に解説する講義を拝聴しながら、講義の端々に、澤木興道老師のお言葉が入る。ここにつながることが、また新鮮だった。

俊董師は、学生時代から澤木老師をずっと見ておられ、我が正師に、という気持ちがあったが、気持ちが熟する直前に御老師は遷化された。
講師をしていた専門僧堂の、当時の堂頭(どうちょう)がお悔やみに京都まで出かけられると、安泰寺はひっそり閑としていたという。
そして、玄関に、「お悔やみのお気持ちあらば、坐禅一炷賜りあれ」(この通りだったかは自信はない)との書き物が。
内山興正老師は、お葬式をする代わりに、四十九日間の摂心をお悔やみとして行われたのだという。
これを堂頭から伝え聞いた俊董師は、即、内山興正老師を正師とすることを決められたという。

何もかもすごい話です。
正師を求め探す旅とは、何が本物の仏法かを求め探す旅のことであり、それを間違いなく実践している仏道者を見つけることになるのでしょう。
自分が本物でなくては、本物は見つけられないということになるのでしょう。

茶話会も終わった後、ワインコフ彰顕師の『禅の種まき』

http://www.narahon.com/


を謹んで
お渡しすると、
「ああ、片桐さん。片桐さんは大学で一緒でした」
とおっしゃった。ミネソタ禅センターにも摂心に行きました、と。
一生を一つの道でやりきることの非凡さ、その尊さにふれさせていただきました。


                                             


by Kinotomii | 2018-04-24 21:05 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

坐禅の型


坐禅の型は、道元禅師の著された『普勧坐禅儀』に簡明に書かれているから、その通りにすれば間違いはない。(はず)

最近坐禅を再開して思うことだが、坐禅の型が崩れてきているのではないか。
先日の坐禅会で、腰痛を訴えておられる方があった。
坐禅を集中的にすれば腰に負担がかかり、筋肉の疲労から腰に痛みが来ることもある。


思えば、19歳から23歳まで指導を受けた皆川英眞老師の指導は良かった。
毎回、坐り方の基本を言葉で説明された。

曰く、
「足を組んだら、両掌を膝の上で天に向け、ゆったりと呼吸をする。深く吐き、次に自然に空気が腹に入るにまかせる。
上半身は、臀を後ろに突き出しつつ、腹は前に突き出す形を意識する。
3回呼吸をしたら、最後に腹いっぱい吸った形の体を保ったまま、臀の上にでんと腰を落とす意識。
これは腰の筋肉ですわるのではない。背骨で坐るのだ。

老師は言われた。
「背骨で床を(単を)突き刺せ。頭頂で、天をつらぬけ」
頭頂とは、腰から背中、首、頭、と一直線に伸びたその最上部、頭のやや後頭部の身長の一番高い部分のこと。
ここから天をつらぬく光が出ているイメージを描く。その光が、一直線に天に向かって刺し貫いている意識。
身長を計る時に、少しでも高く計ってほしくて、緊張と共に、背筋を身長計に添わせる、あの意識です。

と、こんなことを老師が言われたのではなく、
「背骨で床を(単を)突き刺せ。頭頂で、天をつらぬけ」
とだけ言われたのです。
こうすると、腰への負担が少ない。背骨が大事。




by Kinotomii | 2017-06-09 10:41 | 宗教 | Trackback | Comments(0)

結跏趺坐(けっかふざ) 小倉玄照

宇治の残りの紅葉
c0356158_22454500.jpg
結跏趺坐(けっかふざ)

とは、坐禅の足の正式な組み方です。

P124に、小倉老師は、坐法も理屈にあった説明をしておられる。

<足の組み方がきちんと法にかなっていて初めて坐禅となるのです。このごろ背骨さえまっすぐに保持されておれば、脚の組み方などに目くじら立てる必要はあるまいという人が存外あって、椅子坐禅などを提唱する向きがあります。あまりに姿勢の悪くなった現代人を見ていますと、ある種の健康法としてそれが効果を発揮するだろうということはわかります。しかし、和式の正座を正伝の坐禅というにはいささかこだわりが残るように、脚を組むことをしないでそれを坐禅と呼ぶのにはかなり抵抗を覚えます。>

<正伝の坐禅の坐法は、『普勧坐禅儀』に示されている結跏趺坐と半跏趺坐に限られていると考えなければなりません。二つの坐法に優劣はありません。少なくとも、『普勧坐禅儀』の文面上はそのように読み取れます。>

これは、少なからぬ驚き。

坐法は、結跏趺坐と半跏趺坐を正伝とし、二つの坐法に優劣はない、というところ。
半跏趺坐しかできない、と弱気であったが、結跏趺坐との優劣はないとなれば、これから堂々と行おう。

『普勧坐禅儀』に述べられている結跏趺坐の組み方は、

<まず、右の足をもって左の腿の上に安んじ、左の足を右の腿の上に安んず>
つまり、両足を結ぶ格好になります。

脚の長いインド人は、この方が安定し楽だったのかもしれないと想像する。
しかし、日本人の場合、特に足の短い女性の場合、これは至難の業となります。
無理はしないでおこう。
半跏趺坐で良いというのだから。特に女性の場合は。

『正法眼蔵』には、さらにくわしく、
<あしのさき、おのおのももとひとしくすべし。参差(しんし)なることをえざれ>とあるそうだ。
これは、両足共にしっかりと腿の上に乗せよ、という意味。しかし、脚が長すぎて、脚指先が腿より外に突き出しては、これもようないということか。

たまに、チラと見ると、あぐらを組んでいる人がある。
これは違う。
坐法を守ってなるべく正しく組むことが正しい坐禅の初歩。
「でもできないんだもん」という向きもありましょう。

そのために、小倉老師は、身体を柔らかくする秘伝を授けておられる。
簡単で気持ちが良い。次回のどこかで書くことにしよう。

今日、興聖寺の坐禅では、毎日の精勤の効果か、若いころよりはるかに楽に坐禅ができた。
終了後、お世話になった前々監寺様のお墓の作務。作務までが坐禅と心得る。
宇治はまだ残りの紅葉が美しかった。
c0356158_11114575.jpg



by Kinotomii | 2016-12-18 22:55 | 宗教 | Trackback | Comments(0)